読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

しつこく追いかけ回すのは、愛情のシルシではなくて、愛情とは落ち着いた中で発揮されていく

こんにちは。上村です。


僕が高校生の時、学校行事で「キャンプ」がありました。


キャンプというと、何か楽しそうな感じがしますよね。

「みんなでワイワイ楽しく過ごす」みたいな


しかし、このキャンプは違った。


学校行事ですから当たり前かもしれませんが、
それにしても厳しかったのです。


普通ならいい思い出になるであろうキャンプが、
あまり「思い出したくない思い出」になりました。


朝早くに叩き起され、いきなり「ランニング」です。


不思議ですよね。

「精神を鍛える」というと、なぜやたらに走らせようとするのでしょうか?


当たり前ですが、走ったからといって、それで聖人君子になるわけでもないのです。


朝っぱらから教師の怒鳴り声を聞いて、心が暗くなったのですから、
かえって精神に悪い。


確かに、一部不真面目な生徒はいましたが(僕も?)、
多くは真面目な生徒で、そんな怒鳴られるようなこともしていないのです。


一生懸命に走っているのに、
「ダラダラ走るな、こらあ~」と言われたら、
さすがに気分は悪い。


別に褒めてはいりませんが、せめて静かにしてほしい。


「ギャーギャー怒鳴って、仕事しているつもりになってんじゃないぞ、こらあ~」

と言い返したくなってくる。(笑)


こういう状況だと、ギスギスした雰囲気が充満します。


さすがに、教師に面と向かって反抗する生徒はいませんでしたが、
生徒間同士で、いさかいやトラブルがありました。


集団生活を学ばせようとしていて、
生徒同士の仲が悪くなっていくという、まさにジレンマ。


でも、よく考えてみれば当たり前ですね。


「強制」と「愛情」を、勘違いしてはいけません。

生徒をおとなしくさせるというのは、別に愛情でも何でもないのです。


学校の秩序を維持したいと考えているだけなら、
それは愛情ではなく、単に学校の都合です。


もし本当に生徒のことを考えるなら、怒鳴り声ではなく、
お互いが協力できることで「いい雰囲気」を作っていけるようなものを目指すべき。


えてしてこの強制と愛情が、ごっちゃになっていることがあります。


元来正反対のものなのですが、
強制を、これが愛情のシルシだなどと思い込む場合がある。


これはやっかいです。

自覚を無視したところに、愛情はないからです。



例えば、恋愛や人間関係でもありますね。


「これだけ愛しているのに、どうして振り向いてくれないんだ」

と思う。


必死で何回もメールを送って、返信がないと落胆します。


しかし、立場を変えて、
しつこく何度もメールを「送られる側」の立場になってみましょう。


何とも思っていない人から、次々にメールが送られてきたらどう思うか。


これは恐怖です。


相手の気持ちを察したなら、そういった行為はきっとやめるでしょう。


それこそが、まさに真の愛情です。


ところが、これは恋愛に多いですが、恋愛感情に振り回されていると、
そんな普通のこともわからなくなってくることがあります。


さっきの、僕の学校と同じですね。


教育という言葉とは裏腹に、
あまり教育になっていなかったのです。


愛情という言葉とは裏腹に、愛情になっていないようなもの。


とはいえ、僕も予備校で働いていた経験がありますから、
学校の立場も理解しています。


「そんなことを言ったって、今すぐ生徒をちゃんとさせないと、クレームがくる」

などということもあるかもしれない。


しかし、それを理由にしている限り、何も進歩がありません。


結局、真に「いいこと」ができず、後でもっと手痛いしっぺ返しがあったりします。


もちろん、学校だけの責任にして済むことでもありません。


いずれにしても、真の愛情とは、「自分の感情に負けない姿勢」から発揮することができると思うのです。


わずらわしいことがあってヤレヤレと思っても、そんな感情には負けない。

追い掛け回したい衝動にかられても、そんな感情には負けない。

悲観的になっても、そんな感情には負けない。


だいたい、キャンプをしたくらいで、生徒の生活態度を変えさせることができるという考え方自体が、安直なものです。


そういった、「お湯をかけて3分でOK」みたいな方法では、どうしようもないのです。


むしろ、そういった安易なことを考えると、ますますうまくいかなくなったりします。


愛情とは、もっと落ち着いたものであり、
それは少しずつ浸透していくものです。



焦ってはいけない。


落ち着きの中で、それを発揮していけばいいのです。

そうすれば、しつこさとは無縁になります。


無理に相手に受け入れさせようとしても、
そういうわけにはいきません。


自分だってそんなことをされたら嫌ですよね。


愛情は、通じていくところに、少しずつ通じていくもの。

そこに自信を持つべきだと思います。


「愛の悩みを解決する、究極の方法」



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
焦らなくていい。

愛情は、通じていくところに、少しずつ通じていくもの。

そこに確信と自信を持つべきです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク