読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「変わらない関係」ではなく、「変わっていく関係」が大切

こんにちは。上村です。


早いもので、もう来年度の「年賀状の案内」が出ていますね。


あなたは、年賀状を出す方でしょうか。
僕はもう、ずっと年賀状を出していません。


送ってくれた方に返信していましたが、
自分からは出さないものですから、そのうちだんだん誰からも来なくなった。


今や送られてくる年賀状は、「新年大売出しの案内」という。(笑)


これでも、昔はマメに書いていたのです。
特に子供の頃は、そうでした。


「お餅を食べ過ぎないようにね」

みたいな定番の文句が、昔はありました。


今の子供さんは、そんな文面は書かないでしょう。


書くとしたら、

「スマートフォンをし過ぎないでね」

みたいな感じかも。(笑)


年賀状が配達されるとワクワクしたものです。


「しまった、この子には送っていなかった」
「親友だと思っていたのに、年賀状が来ていない」

とか、いろいろありますね。


しかし、今やそれもなくなりました。


いや、別に寂しい話をしているわけではありません。
むしろ「楽しい話」なのです。


いつだって、世の中も自分も、変化していきます。


昔と同じということはないし、
だんだん変わっていくものです。


年賀状は、続けてもいいことでしょう。


でも中には、「どうしてこんなことをしているの?」みたいなこともありますね。


例えば、僕が中学生の頃は、
「男子生徒は全員丸刈り」みたいな制度?があった。


地域限定の制度ですが、実に意味がわかりません。


どうして中学生だけ丸刈りかわかりませんし、
そもそも何の目的でしているのかもわからない。


それを、「清潔感があっていい制度」などと言う人がいました。

さすがに、今はそんなことを言う人は少なくなりましたね。


これだって、進歩の一つです。


冷静に考えれば意味もないのに、単に「習慣だから」「何となく」みたいな感じで続けていることは、結構ありますね。


また、同じようなことが続いているように思っても、実は「その形が少しずつ変化しているもの」もあります。


「変わらないことが安全」と思いがちですが、実はそうではないと思うのです。


実は、「変わらないことが危険」ということも、たくさんあります。


変化を恐れる気持ちは、誰にでもあると思います。


例えば恋愛や人間関係でも、
「前はもっと気を使ってくれたのに、今は構ってくれない」と不満が起こることもある。


しかし、どんな関係だって、変化はあります。
いつまでも、出会った当初と同じということはありません。


変化を恐れるのではなく、
「絶好の機会」と考えるべき。


実際、それは絶好の機会です。

より進化したものにしていくことができます。


同じ状況でも、「ああもうダメだ」と思う人もいれば、
それを「次へのステップ」と考える人もいます。


『国境の長いトンネルを抜けると雪国であった』

というのは、川端康成の小説の一節ですが、
きっと自分自身も同じだと思います。


暗いトンネルを抜けたからこそ、雪景色がいっそう心に染みてくる。


あなたがトンネルの中にいると思うなら、次に待っているのはきっと「絶好の景色」ですよ。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
変化はチャンスです。

トンネルを抜けた後に、素敵な変化があるものです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


「恋愛や人間関係でいつも苦しんでいる方」
「胸が張り裂けそうな愛の悩みを感じている方」


今すぐ、このプレミアムメールマガジンを読んでください。

「究極の解決方法」です。

「すさまじく重要なこと」を書いています。




あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

     1.追いかけるのをやめる
     2.「途方もない愛される力」を実践する

今すぐ、「真理」を知ってください。






メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク