読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「他人はこうするべきだ症候群」を捨てれば、本当の希望が手に入る話

こんにちは。上村です。


突然ですが、こんな「童話(寓話)」を考えてみました。


題して、
『歌好きな鳥が、歌おうとしなかった話』


ある時、「動物の紅白歌合戦」がありました。

いろいろな動物が出場し、歌を競い合う。


そこに出場した、一羽の鳥。

鳥は、「最後に歌いたい」と思った。


まあ、紅白でも、
最後に歌うのは特別感がありますからね。


その鳥は、「大御所希望の鳥」だったのです。


「僕は鳥なので、トリ(最後)で歌いたい」
「そんなこと言わないで、今歌ってください」
「でも、トリで歌いたいのです」
「そんなにトリ乱さないで」


スタッフと口論の末、結局その鳥は折れました。

鳥は、トリあえず、その場で歌ったのです。


ここで終わったら、単なるダジャレになりますね。


笑点なら、座布団全部とられて、
羽織まで脱がされるくらいのレベルです。


でも、話はここからが重要です。


出場歌手全員が歌い終わった後、「観客のアンケート」がありました。


「どの歌が一番よかったか」

です。


すると、別に「順番は関係なかった」のです。


最後に歌ったからといって、
特に評価がよかったわけでもない。


鳥は、その「アンケート結果のコピー」をもらいました。

自分が駄々をこねたことを反省したのです。


高慢になった時、
自分に対しての「いましめ」として、
いつもそのアンケート結果をトリ出して、見るようにしたのです。


トリだけに、トリ出して。


最後までダジャレから抜け出せませんでしたが、
言いたいことは、とても大切なこと。


鳥さんの行動ですね。


主人公の鳥は、「最後に歌いたいと」思いました。

でも、ダメと言われた。


「どうしても最後に歌いたい」とトリ乱したのです。


トリだからトリ乱したのではなく、
その鳥の、「個人的な価値観」だった。


でも、よく考えてみましょう。


歌が好きで歌うなら、
別に順番などどちらでもいいですよね。


自分の歌を聴いてもらえることに、喜びを感じるはずです。


最初でも、真ん中でも、最後でも、
どこだっていいはず。


にもかかわらず、
細部の「どうでもいいこと」に
こだわってしまった。


以上は、僕が考えた寓話ですが、

こういうことって、あなたの日常でも、ありませんか。


「不当な扱いをされている」

みたいな。


他人と比較して、思う時があるかもしれません。


実際に、不当な扱いをされている場合もあるかもしれません。


でも、「馬鹿にされた」と思う気持ちから来ていることも多いのです。


また、「馬鹿にされた」と思うほど、
不当なことはどんどんやってくる場合もあります。


自分の失意が、不当なことを呼び寄せたりします。


そんな時は、「本質」を思い出すことなのです。

「一番大切なことは何か」です。


「恋愛はこうあるべきだ」
「人間関係はこうあるべきだ」
「恋人はこうするべきだ」
「友人はこうするべきだ」
「自分に対してこうすべきだ」

と、「他人はこうするべきだ症候群」にかかってしまうと、本質を見失います。


相手にも意志があり、考え方があり、
人それぞれ愛情の表し方が違うことに、気持ちがいかなくなってしまう。


独裁者のような考え方になって、

独裁者の末路が哀れなように、
その関係も哀れなものになっていきます。


ですから、
自分や他人を傷つけるような行動ではなく、

「本質に沿った行動」をすることなのです。


ややこしく考えすぎて、
逆に「素朴な大切なこと」を忘れている場合があります。


「他人はこうするべきだ症候群」を捨てよう。


そうすれば、心が軽くなって、
本来の自分をしっかり発揮していけることでしょう。


結局それが、環境を変えていきます。


このような寓話も取り入れながら、面白く読めるのが、このメルマガです。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「他人はこうするべきだ症候群」を捨てよう。

そうすれば、心の束縛がとれ、「本来の自分」が顔を出します。

その自分こそ、環境をいい方向に進めていく力があるのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク