読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

どうしてこんなに好きなのに、相手を怒らせてしまうのか?


こちらでも、ブログを書いています。



こんにちは。上村です。


今回は、「スリルとサスペンスに富む話」をしたいと思います。(笑)


もちろんドラマではなく、実話です。


僕がまだ若い頃、職場での話。


僕は経理からお金を借りて、
「大量の図書券」を購入しました。


もちろん上司の了解のもと、仕事で使うためです。
20万円分くらいの図書券です。


それを机の引き出しに入れておきました。


ところが、うっかり鍵をかけ忘れたのです。
そのまま帰宅。


翌日、引き出しを開けてみて、ビックリしました。


何と、大量の図書券がなくなっていたのです!


あまりのショックに、ボー然としました。


いったい何か起こったのか?
盗まれたのでしょうか?


それとも、何か理由で、誰かが図書券を移動したのか?

しかし、僕に無断でそんなことをするわけがありません。


周りに聞いても、「いや、知らないよ」と言われました。


やはり、夜中に誰かが忍び込んで、盗んだのだろうか・・・?

うっかりミスでなくしたのなら、僕が弁償しないといけないのだろうか?


もちろんそれも気になったのですが、

若い頃の僕は、
極端に「人目を気にするタイプ」でした。


「こんなミスをして、周りはどう思うだろうか? 
ダメな奴と思われはしないだろうか?」


それが恐怖だったのです。


なので、上司にも状況を伝えることができず、モタモタしていました。


いったい、僕の運命やいかに。


まさに僕にとってのスリルとサスペンス。

いや、スリルというより、恐怖心そのものだったのです。


ところが事態は、意外な方向に。


僕の様子がおかしいことに気付いたある同僚が、声をかけてきました。


「どうしたの?」
「引き出しに入れておいた図書券が、なくなってしまったのです」
「ああ、それね」


同僚は、何か知っているのでしょうか?


すると次に、同僚の口から「驚くべき言葉」が飛び出しました。


「鍵もかけず、引き出しに入れているから不用心と思ったので、
僕が経理に預けておいたよ」




え??

と思いました。


つまり、気を利かした?同僚が、
図書券を取り出し、経理に預けておいたというわけです。


僕はホッとしました。

とりえず、図書券はあるのです。
20万円は弁償せずに済んだ。


いったい20万円あったら、餃子を何個食べれるでしょうか。

そんな馬鹿なことを考えました。


まあ実際は、紛失したとしても、全額弁償などしなくていいでしょう。

過失が小さければ、弁償自体しなくて済むかもしれない。

(法律問題なので、詳しいことは専門家へ)


しかし、その後、僕はとても気分が悪くなったのです。

「どうして図書券を移動したことを、僕に言ってくれなかったのか」


考えてみれば、他人の引き出しを無断で開けて、
その中のものを勝手に移動させるのは、おかしいですね。


緊急事態ということもありますが、事後報告くらいはするでしょう。


でも、あからさまに文句も言えません。

僕が鍵をかけなかったのが、そもそもの発端ですし。


それに、相手は、曲がりなりにも善意でしてくれたことだからです。


「お金が盗まれたら大変だ」

という配慮からしてくれたこと。


ただ、自分が良かれと思ってしたことも、
暴走してしまうと、かえって真意が伝わらなくなることもあります。



これは例えば、愛情問題に多いかもしれません。


例えば、恋愛は、極端に「視野が狭くなる場合」がありますね。


自分としては相手を思ってしたことも、
相手にとっては望まないこともあります。


通常なら、ちゃんと配慮したり、アフターケアできるのです。


でも、思い込みが激しくなって、冷静さを失うと、相手のことが見えず、
独りよがりになってしまうこともあります。


そうならないためには、どうしたらいいか?


「視野を広げること」です。


困った時こそ、もっともっと視野を広げるチャンスなのです。


そうすれば、あなたがいいと思ってすることは、きっとことごとく花を咲かすはずです。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
困った時こそ、視野を広げるチャンス。

そうすれば、あなたがいいと思ってすることは、
ことごとく花を咲かすはずです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



「これを読んで人生が変わりました」という声を多くいただいています。

僕のプレミアメルマガです。

張り裂けそうなあなたの悩みも、たった一編でもこれを読めば、実に驚くほど、軽くなっていくでしょう。

どこにもないメルマガです。






メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク