読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

サングラス心理学


こんにちは。上村です。



今回のタイトルは、最初、


「ナンパの心理学」


にしようと思ったのです。



でも、別にナンパについて書きたいわけではないので、


このタイトルはやめました。(笑)



じゃあ、僕はいったい何を語りたいのか?



それは、続きを読んでいただければわかりますよ。



そこで、ひとつ、話を聞いてくださいね。



僕の昔話です。


僕は、


仕事帰りに、

偶然同僚の女性といっしょになりました。


「よかったら何か食べようか」

ということになり、

二人で、うどん屋に行ったのです。



別に、うどん屋さんで何かあったわけではありません。



その帰り道ですね。


僕は、


「奇怪な落し物を発見」したのです。



それは、


「サングラス」



サングラスが、道端に落ちていたのです。


理由はわかりません。



まあ、誰かが落としたのでしょう。



それにしても珍しい落し物。



拾ってみると、イカツそうなサングラスです。


試しに、そのサングラスをかけてみました。


ちなみに僕は、

ふっくらした顔をしているのですが、


なぜかサングラスをかけると、

一転して、怖い顔になるのです。


ギャング系の顔になるのですね。(笑)


で、調子に乗った僕は、


そのサングラスをかけたまま、

駅に向かいました。



さて、話の本題はここからです。


僕は、


「恐いお兄さん系のサングラス」をかけていたことで、


ある出来事に遭遇してしまったのです。



そう、ここで「ナンパ」になるのです。



ナンパされたのですね。



と言っても、僕がされたわけではありません。(笑)



恐そうなサングラスをした男性を、


わざわざナンパする人はいない。(笑)



それじゃあ、アブノーマル過ぎますからね。



僕の横にいた同僚女性が、声をかけられたのです。



そのことが、


僕に「あるノウハウ」を気付かせるきっかけを与えてくれたのです。



では、次回に続きを書きますね。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

見知らぬ異性に声をかける。


そこには「恐るべき心理」が隠されているのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




僕が書いた大好評のE-Bookです。


きっとあなたのお役に立てると思います。



話すだけで愛される「魔王のトーク術」


「好きな人の五感(+第六感)を刺激する」愛され術


180度発想を変える「教祖の恋愛術」


人間関係に悩む人へ




トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク