読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

初めてもらったチョコレートで、不満になったおかしな話

こんにちは。上村です。


本日は、「バレンタインデー」ですね。


僕には、こんな思い出話があります。


あれは中学生の頃。
バレンタインデーの日でした。


初めて、クラスの女の子から、チョコレートをもらったことがあります。


これはとても嬉しかった。
何せもらったのは初めです。


それに、僕の方も、その子に気があったので。


自宅に戻ってから、チョコレートを眺めてニヤニヤしていました。


食べるのは惜しかったので、飾っておくことにしました。


チョコレートが、黄金に光っていました。


まあ、幻覚ですね。(笑)


我ながら、おかしい(お菓子)。(ここ笑うところ)



ところが、それから、2、3日後のことです。


クラスメートのある友人と、バレンタインデーの話になったのです。


「オレ、○○さんからもらったよ」

と友人は言う。(○○さんとは、僕にチョコレートをくれた女の子です)



(えっ!?)と、僕は驚いた。


でもまあ、そういうこともあるでしょう。
友人がもらったのは「義理チョコ」かもしれませんしね。


ところがです。
実はそうでもなかったよう。


その後の友人の言葉に、ショックを受けました。


友人は、もらったチョコレートの説明をしたのです。


「三色に分かれていて、なかなか豪華だった」


これには、僕は驚きました。


なぜなら、僕がもらったのは、一色のチョコレート。
しかも、そんなに豪華ではありません。


僕がもらったものと、友人がもらったものでは、かなり値段が違うようです。



(自分だけかと思ったら、そうではなかったのか。
彼女は、友人の方が好きだったんだ・・・)


「僕は義理」「友人は本命」だったのです。


当時の僕はそれでショックを受けたのですが、今から考えると変な話です。


義理であろうと、本命であろうと、
彼女はわざわざ僕のためにチョコレートをくれたのです。


渡すのにも勇気がいったでしょう。


もらっただけで有難い。


でも、「友人」という比較対象が現れた途端、僕は不満になったのです。


ややもすると、比較によって感謝を忘れてしまうことがあります。


相手に、「もっと、もっと」と求めてしまうのです。


求めるのが悪いと言っているのではありませんが、でも、最も大切なのは「寄り添うこと」です。


寄り添うというのは、自分がする行為です。


相手がどうかではなく、自分がどうかです。


他人の目ばかり気にしていると、自分を見失います。


他人の目を気にしたからといって、誰かを幸せにできるわけでもないのです。


関係が壊れることばかり恐れて、自分の損得ばかりが気になる。


そうなると、その関係を喜ぶ気持ちも薄れて、本当に関係が悪くなっていったりします。


そうならないように、「本質」に戻るべきなのです。


求め合いではなく、「寄り添い合い」です。
求め合いではなく、「支え合い」です。



それが愛情の本質です。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
比較ばかりしていると、大切なことを忘れてしまいます。

大切なのは、何をしてもらうかではなく、「何をするか」です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




uemura.jpg

「1万人を虜にする魅惑のトーク術プレミアム」
~あなたの愛を実現する方法~







メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク