読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

相手に合わせて自分を変えるのではなく、「自分に合わせて自分を変えていく」話

こんにちは。上村です。


「ラスク」という食べ物をご存知でしょうか?


パンを二度焼きしたものですね。


表面に砂糖などをまぶしています。


カリッとした食感があって、おやつに最適。


今回は、この「ラスク」と、「人間の魅力」について語りたいのです。(笑)


いったいそれは、どういうことでしょうか?


僕の「思い出話」をお聞きください。


中学生の頃。


クラスメートに、昼食として、パンとラスクを持ってくる子がいました。


彼が、たまにラスクを残すのです。


そうなると、友達同士で、「ラスク争奪戦」が始まります。


もちろんケンカをするわけではありません。


ラスクを誰が食べるか、「ジャンケン」で決めるのです。


ジャンケンに勝った時の嬉しさは、ひとしお。


若いですし、食欲があります。


おいしいお菓子があるのだから、何とか食べたいと思う。


ジャンケンに負けた時は、放課後までブルーな気持ち。


ずっと、頭の中に、食べ損ねた「お菓子の残像」が残っています。


そんな時に限って、午後の授業の「教科書」を忘れていたりする。


隣の子に見せてもらっていたら、機嫌の悪い教師に、怒鳴られた記憶があります。


あの教師、どうして機嫌が悪かったのでしょうか?


きっと昼ごはんを食べ損ねたからに違いない。


という妄想が湧いてくるくらい。(笑)


さて、あんなに食べたかったラスクも、今となっては、めったに口に入れる機会がなくなりました。


最近まで、存在自体を忘れていたのです。


しかし僕は、ひょんなことから、「ラスクに再会」したのですね。


かつて好物だったラスク。


でも、久々に食べてみて、「あれっ?」と思ったのです。


もちろん、おいしいのですよ。


確かに、かつて食べたラスクと同じ味。


でも、今の僕には、かつての「感動」はなかったのです。


ラスク自体は、何も変わっていません。


これはいったい、どういうことか?


もちろん、ラスクに責任はありません。


僕が、理想化しすぎていたのです。


昔のおいしかった記憶が、しばらく食べていなかったうちに、増幅されてしまったのですね。


「楽しい思い出のある場所」に行ったら、(思っていたほどでないな)と感じた経験ありませんか?


それと同じですね。


ここで大切なのは、『ラスクの本質は何も変わっていない』ということです。


変わったのは、僕の方。


中学校の時は、お腹がペコペコで、お小遣いも限られています。


でも、大人になると変わります。


お菓子くらい、自分のお金で買えるようになる。


そして反比例するように、学生時代の食欲はもうありません。


ラスクの味は同じ。


でも、僕の状況が変わったために、有難く思わなくなったのです。


考えてみると、人間関係もこれと同じですね。


相手が変わるのは、相手の自由です。


自分は、自分自身に責任を負っています。


それが、絶対的事実です。


にもかかわらず、自分をなおざりにして、相手を変えようとする人がいます。


そうなると、恋愛や人間関係がうまくいかなくなる。


ラスクが、もし僕を変えようとしたら、それは「おかしなこと」になるのです。

(「お菓子」と「おかし」のシャレではありません)


ラスクはそのままでいい。


そのまま、「ラスクとして」進化していけばいいのです。


相手に合わせて、別のお菓子になろうとしてはいけない。


それは無理ですし、もしできたとしても、ずっと相手に振り回されたままになります。


ラスクはラスクだから価値があるのです。


きっと、あなたはあなたであるがゆえに、価値があります。


他人もそうです。


素直に、「自分の長所」を活かして行くことが大切です。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
相手を変えようとすれば、泥沼にはまります。

自分が進化していくことです。

そうすれば、自分の長所が、きっと誰かの役に立っていくでしょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク