読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

愛は悩みのためにあるのではなく、希望のためにある

こんにちは。上村です。


昔の話ですが、僕は、職場で、ありえないくらいのコピーをとっていました。


どうしても必要だったので、仕方なくですが、
あまりのコピーの多さにうんざり。


「何で、こんなことをしなくてはいけないんだ」

とぶつぶつ言っていた。


こういう場合、グチをこぼしたからといって、
仕事がはかどるわけではありません。


しかしブツブツは止まらない。


そんな僕の横を、ある同僚が通りかかりました。


「何をしてるの?」
「コピーなんだけど、やたらに多くてね」


その同僚は、「そういう時はいい方法があるよ」と言うのです。


コピーが即効でできる方法みたいなものが、あるのでしょうか?


「どんな方法?」と聞き返すと、

「つまりね、自分にこう言い聞かせるんだ。オレはロボットだ、ってね」

と同僚は言うのです。



えっ?

と思いました。(笑)



同僚が言うには、単調作業でツラい時は、
「自分はロボットだ」と思い込むようにすると、
苦痛が軽減されるらしい。


(からかってるのか)と僕は思ったのですが、
でも、ためしに実行。


すると何だか、辛いのが軽減されるような気がしたのです。
(あくまで気の問題)


それ以来、この「ロボットになれ」って言う言葉が、妙に印象に残りました。


単調作業が辛い時に、

「オレはロボットだ、オレはロボットだ」

と思い込むようにした。(笑)


つまり、人間には感情があります。


単調作業は辛いもの。

一日中、ずっとコピーばかりするのは苦痛です。


そこで、この感情を、いったん消してみる。

「オレはロボットだ」と思う。


すると、ロボットには感情がありませんから、苦痛が苦痛でなくなる。



例えば、酒宴の席で、苦手な相手にお酌をする場合があります。


何となく嫌ですが、
さりとて「あなたにはしない」というわけにはいかない。


その時は、まさに「ロボット」になるのです。


「今お酌をしているのは、ロボットであって、本当の自分じゃない」

と思う。


すると、心なしか辛さも軽減します。


それにしても、さっきの同僚はおもしろいことを言ってくれました。


もちろん、人間はロボットではありませんし、
同僚もそんな意味で言ったのではないでしょう。


様々な思いがあるのは、人間ですから当然のことです。


大切なことは、視点を変えるということですね。


辛さというのは、
「辛いこと」があるから辛くなると思っている人がいます。


もちろんそれはそうですが、実は、
「辛いことばかりに目を向けるから辛くなる」ということも大きいのです。


人生は視点が決めます。


愛情問題で悩んでいる人は、
「悩みの視点」ばかりに意識が向いています。


視野が狭くなると、悩みが膨れ上がっていく。

自分の一身上のことばかり、クヨクヨ考えてはいけません。


もっと気持ちを開いていけば、
そこに「希望」を見つけることができるでしょう。


なぜなら、本来の愛は、「開いたもの」だからです。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
何に目を向けるかで、人生は決まります。

心を明るいものに向けること。

「希望」は至るところにあります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



何をしても愛されないと悩んでいるなら、解決方法があります。

それは、「プレミアムメールマガジン」に書いていることを実行することです。

たった一回でもこれを読めば、あなたの日常が大きく変わっていくでしょう。






メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク