読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

好きなのに相手が離れていくのは、自分が「独裁者」になろうとしているから

こんにちは。上村です。


こんなことを考えてみましょう。


職場で働いています。

「嫌な上司」がいるとします。


自分が嫌だと思っているので、同僚にもそう思っていてほしい。


しかし、同僚の中には、
その上司が好きな人もいます。



「どうしてあんな人のことが好きなんだ」

とあなたは不満に思う。


でも、好き嫌いは人それぞれですから、もちろん仕方のないことですね。


人それぞれ、置かれた環境があるのです。


「立場が変わると、感覚が違う」


人それぞれ、置かれた立場や環境によって、考え方に差があります。


自分にとっては当たり前のことでも、
相手はそうは思っていないこともあります。


ところが、えてして、
自分の基準を相手に押し付けようとすることがあります。


自分の思い通りに動いてくれないと不満になる。


でも、相手は、自分のコピーではありません。


それぞれに「個性」があるのです。


「それぞれに個性があるのだから、それは尊重しよう」と思えば、
関係は今よりよくなっていくでしょう。


なぜなら、自分が楽になるし、相手も解放されるからです。


束縛で作られた関係では、糸が切れた時、凧(タコ)のようにどこかに行ってしまいます。


自由な意思で、自然に寄り添う関係は、強固なものです。



相手と自分を「一体化」させようとすると、行き詰まります。


なぜなら、そんなことは無理だからです。


「違い」を認め合うことが大切です。


「理解する」というのは、一体化を目指すことではなく、それぞれの個性を認め合って、共に歩んでいくということです。




何をしても愛されないと悩んでいるなら、愛される方法があります。

それは、プレミアムメールマガジンに書いてあることを実行することです。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
同じになろうとするのではなく、違いを認め合うこと。

寛容精神あるところに、真の関係があります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク