読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「押しの一手」などという「迷信」に惑わされてはいけない話

こんにちは。上村です。


最初に、ご連絡です。


恋愛や人間関係で、悩んでいる方が多いです。


ブログでたくさん記事を書いていますが、すべて読むのも大変だと思います。


そこで、ポイントをまとめた「メールセミナー」を作りました。(無料で申し込みいただけます)


7日間に渡って、手際よく、恋愛や人間関係を成功させる方法を書きました。

『恋愛や人間関係の悩みを7日間で解決していくメールセミナー』


ぜひ、登録してみてくださいね。



では、今回の内容です。


恋愛で、たまに、こんなことを言う人がいますね。


「好きな人には、押しの一手」

と。


「1にアプローチ、2にアプローチ、3、4がなくて、5にアプローチ」

すれば成功する。


なんてことは、本当でしょうか?(笑)


これは、絶対に違いますね。


そもそも、この考えには、「根本的なもの」が欠落しています。


要するに、自分のことばかりになって、相手のことを考えていないからです。


相手のことを考えないのは、愛情ではないですよね。


「恋愛とはこういうものだ」「こうすべきだ」「こうあるべきだ」と、思い過ぎているのです。


それが、視野を狭くしています。


そこには、「相手への視点」がありません。


人間はそれぞれ感情があり、考え方があります。


相手の意思を十分認めた上で、自分の意思も伝えればいいのです。


大切なのは、「個人」ですね。


よく政治などでも、最初は人のためという気持ちが強かったのに、なぜか、「政治思想」に重きを置くようになって、根本的なことが忘れられていくことがあります。


人間の幸福のために政治があるのであって、政治思想のために政治があるのではありません。


さっきの、「押しの一手」なども、政治思想ならぬ、「恋愛思想」かもしれません。


しかも、押しの一手の恋愛思想は、歪んでいます。


「相手のためにならない」ことは明白だからです。


好意というのは、自然に発揮するものです。


「自分を見てくれ」というのは、別に好意でも何でもありません。


言うまでもないことですが、嫌がる相手を無理に振り向かせようとすることも、好意でも何でもないのです。


自分も一人の人間なら、相手も一人の人間です。


それぞれに人生があり、それぞれの人生が尊重されるべきです。


恋愛感情に振り回されて、根本的なことを忘れてしまうと、もっとうまくいかなくなります。


身構える必要など、ないのです。


身構えているから、しつこく言い寄ってみたり、逆に、冷たくしてみたりする。


どちらもいい態度ではありません。


大切なのは「内面」です。


本当の愛に、焦りは必要ありません。


もっと堂々としていいのです。落ち着いていいのです。


その方が、きっと、あなたにとって必要なものが、何かがわかるはずです。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━
押しの一手など、うまくいかない。

大切なのは、思いやり。

もっと落ち着くことです。
━━━━━━━━━━━━━━━━



メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク