読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「頭で愛さない」恋愛法


こんにちは。上村です。



前回は、


「恋愛感情の真実」


を暴露しました。(笑)



つまり、


「優しいから好きになる」


というより、



「好きになった人のいいところを探したら、優しいところだった」


ということですね。(笑)



これはなかなか、重要心理。



最初に、好きという感情あって、


好きな人のいい部分が引き立つというわけです。



じゃあ、最初に好きと思われるのは、どうしたらいいの?



ここがポイントですね。



まず大切なのは、

「頭で考えないこと」です。



「○○したらホレられる」


なんて思わないことです。(笑)


「優しくしてやったから、愛されるだろう」

と思ったら大間違い。(笑)


ご自身に置き換えたらわかりますよ。



「優しくしてくれた異性全員」にホレるわけではありませんよね。(笑)



もちろん優しいのは美徳ですし、

好かれる可能性も高くなります。


でもそれは、絶対的なものではありません。


もっと深い部分で、相手の心を捕らえないといけないのですね。


そのためには、

「理屈で愛されようとしないこと」

これに尽きる。


言い方を変えると、

「頭で恋愛をしてはいけない」

と言えるかもしれません。


文学的に表現すると、こうなります。(笑)


もちろん、誠実さや優しさは必要です。

好感度は上がるでしょう。


でも、それだけではダメなんですね。


もっと「相手の心の深い部分」をつかむことが必要なんです。


僕が言いたいのは、まさにこれ。


そのためには、

『頭で恋愛をしてはいけない』

という表現がピッタリなんです。



相手もあなたのことを、頭で愛しているわけではないのですね。


心で愛しているわけです。



そう考えたら、


「好かれるために○○しなければ」


なんて強迫観念にかられることもなくなります。



相手の機嫌を気にして、右往左往することもなくなる。



もっと自分に余裕が持てますね。



それが「愛される秘訣」なのですよ・・・。




関連記事


「浮気性な人」と知っていて、なぜ付き合うのか?


「優しいから好きになった」は本当か?




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

頭で考えない方が、恋愛はうまくいきます。


なぜなら、理屈で人を好きになっているわけではないからです。


相手の深い感情をつかむことが、成功の秘訣です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク