読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

無人島のトーク術


こんにちは。上村です。



突然ですが、


あなたは、


「周りが冷たい」


と感じる時はないでしょうか?(笑)


「何となく避けられているような」

そんな気がするのです。


(ヘンなことをしたかな?)

と考えてしまいますよね。



好きな異性が、わけもなく不機嫌だとしましょう。



(どうしたんだろう? 怒らすようなこと言ったっけ?)

と意味のない反省をしてしまう。(笑)


でも、これって、


本当に周りは冷たいのでしょうか?


好きな異性は、


自分に対して怒っているのか?


あなたは、どう思いますか?


まあ、ほとんどの場合、気のせいですね。


思い過ごしなのです。


じゃあ、


どうしてそんな風に疑心暗鬼になってしまうのか?


そこには「重大な理由」があるのですよ。


僕が思うに、人間には、

『孤立したくない』

という思いがどこかにあるのですね。


だから孤独を恐れる。


相手が、自分にとって大切な人なら、なおさらですね。


その人から孤立したくない。



職場や学校で、

自分以外の人が、会話で盛り上がっていたとしましょう。


ずいぶん楽しそうです。


すると、それに加わりたくなってきませんか?


参加できないなら、どこかに身を隠したくなる。(笑)


自分をのけ者?にして、他人が盛り上がるのは、ちょっとイヤです。


これも、「孤独を恐れる心理」ですね。



もちろん、「一人が好き」という人もいます。


でもまるっきり一人だと困りますよね。(笑)



例えば、あなたが、

明日から「まったく誰とも話せない環境」に身を置いたとしましょう。


無人島に漂着したとかね。(ベタな例ですいません)


するとどうなるか?


しばらく経つと、

誰かと無性に会話がしたくなってくるはずです。


人がいないなら、犬でも猫でもいいので、しゃべりたい。


犬や猫もいなかったら、木でも草でもいいのです。


とにかく話し相手がほしい。


この場合、木に話しかけるのはアブナイ人だからではありません。(笑)


孤独を恐れる心理が、そのような行動をさせるのです。


恋人や友人を求めるのだって、

根っこには、こんな気持ちがあるのですね。



つまり、こういうことですね。



相手は、あなたと仲良くしたがっているのです。(笑)



相手のその心情をうまく引き出してやれば、


いい関係が築けます。



片想いの相手であっても、両想いにすることは可能。



どうでしょうか。


勇気が沸いてきませんか?(笑)



こういう「人間心理の根本」を知ることは大事だと思います。



意味もなく、


「どうせ親密になんかなれない」


と思うことがあるかもしれません。



なぜそう思ってしまうかというと、


人間心理を誤解しているからですね。



「仲良くしたい心情」


は誰にでもあります。



あなたは、その気持ちにうまく乗っかればいいだけなのです。



では次回に、


「仲良くしたい心情を引き出すトーク術」


について書いてみましょう。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人には、「他人と親しくしたい」という心情があります。


その心情にうまく乗っかれば、誰とでも親密になれます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク