読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

相手の気持ちがわかって「真のコミュニケーション力」が身につく方法


こんにちは。上村です。



前回のブログで、


「相手の価値観を受け入れたら、コミュニケーションがうまくいきますよ」


という話をしました。



これはその通りなのですが、


誤解されることもあるかもしれない。



例えば、


「価値観を押し付けるのは良くない」


と思って、



全面的に相手の言いなりになる人がいる、


ということです。


でも、これも間違いなんです。


相手と自分は違うのですから、

「すべて、あなた様に従います」

なんてことにはならない。(笑)


これも価値観を押し付けることと、さして変わらないのです。



「自分の価値観を押し付ける」


「相手の価値観を一方的に受け入れる」



どちらも良くないですね。



そういうものを越えたところに、

「真のコミュニケーション」があるのです。


相手の考え方を、全部否定したら、

コミュニケーションになりません。


逆に、

相手のことをすべて受け入れても、

コミュニケーションにならないんです。


あくまで「中庸」が大事なのですね。


相手と自分は違います。


でもその中で共通点がある。


だから会話が弾むわけですね。


実は会話のテクニックって、

こんなところにもあるんですよ。


「価値観の違いを意識する」ってことですね。


僕なんかも、

宴会で望まれもしないのに「かくし芸」をやる人の気持ちはよくわからない。(笑)


僕には絶対できません。(見せる芸もないし)


あるいは、カラオケで、

イヤがる人に無理やり歌わせようとする人もいますが、

あれもよく理解できないのです。



お酒もそうですね。



飲めない人に、「イッキ、イッキ」と無理強いする気持ちも、

僕にはわからない。


飲みに行くと、必ず説教を始める人がいますが、

これも謎ですね。(笑)


まあ、あげていけばキリがない。


でも、それは相手の価値観だから、

別に腹が立ったりもしません。


(ああ、価値観が違うんだな)

と思うだけです。



すると、相手が何を考えてるかがよくわかってきますよ。



思い込みなしに、相手を客観的に見れるから、


相手の気持ちもよくわかるのです。



これぞ、相手の心をつかむ奥義ですね・・・。




関連記事


「根性のある馬」は存在するか?


コミュニケーションが弾む意外な理由




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「価値観の違い」を受け入れよう。


そうすれば、「真のコミュニケーション力」が身につきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク