読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「ゆで卵」の怪事件3


こんにちは。上村です。



まずは、昨日のブログをお読みください。



ゆで卵の怪事件


ゆで卵の怪事件2



(読まれた方は結構です)



その続きですね。



いよいよ、「謎の解明」がなされます。(と言うほどたいしたものではありませんが)



店にお客さんが入らない理由ですね。



「ゆで卵食べ放題なのに」


です。



その理由は・・・?




つまり、


定食が美味しくないから。(笑)



そうなんです。

味がイマイチなんですね。


しかもご飯がパリパリで、

水加減を間違えてるよう。(笑)


そのわりには、量はたくさんあるのです。


おかずの種類はそんなに多くないですが、

ひとつの具材が「これでもか」というくらい入っています。


「パリパリご飯」も、大盛りです。(笑)


それでもまあ、何とか平らげました。


当然ながら、これを食べた後で、

ゆで卵は食べられない。


大食い選手権じゃないんだから、無理です。


なぜこの店に、お客さんが入らないか?


その理由はもうおわかりですよね。


ゆで卵のサービスはいいのです。



でも、

肝心のメニューの味がよくないのです。


当然ですが、お客さんは、ゆで卵が目当てではありません。


メニューそのものが目的なのです。


そのメニューに付属して、


「ゆで卵食べ放題」があるからこそ、


「おお、凄い!」

となるわけです。


ゆで卵自体がいくらあっても、

また来たいとは思わない。


しかも定食だって、結構な量なのですね。


その上に、ゆで卵なんて食べられない。


昼間からそんなに食べたら、会社を早退したくなる。(笑)



定食がおいしくないので、

「メニューは半分残して、後はゆで卵で我慢しよう」

なんてお客さんもいるかもしれません。


これはブッラクですね。(笑)


とにかく、「サービス」は完全に裏目に出たのです。


でも、僕が思うに、

これは「本当のサービス」ではないんですね。


おいしい定食を、適度な量出して、

価格をできるだけ抑えてくれるのが、本当のサービス。


「量が多ければいいだろう」

というのは、少し違う気がします。


ひるがえって、恋愛や人間関係でも同じなのですよ。


好きな異性にアプローチする。


でも、からめばいいってものでもない。


ゆで卵なんかいらないのに、

「食え、食え」

って言ったらどうなるか?(笑)


さっきのお店のようになります。


いろいろ親切にしてあげて、

振り向かせようとするのはいいのですが、


やり方を間違えたら失敗します。


「仕事手伝ってあげるよ」

と言って、助けてあげるのはいい。


でも、何でもかんでもすべてやってあげたらどうなるでしょうか?


相手は感謝どころか、

「仕事をとられた」

と思うに違いない。


手の回らないところを助けてあげればいいのですね。


それこそが、

「親切」と「余計なお世話」の境界線なのです。(笑)



アプローチするなら、


適切にアプローチしてこそ、

相手が振り向いてくれる。


「押しの一手」ではダメなのですね。


あなたも、相手のことが好きなあまり、


「ゆで卵食え食え状態」


になっていないかどうか、注意してくださいね。



追いかければ追いかけるほど逃げていく・・・



そんなジレンマに悩んでいる人は、


こんなことが原因かもしれませんよ。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

相手が逃げていくなら、それは間違ったアプローチ。


アプローチなどやめて、「相手は何を望んでいるか」を考えてみましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク