読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

恋愛がややこしいのではなく、自分がややこしくなっている話

こんにちは。上村です。


江戸時代は、「和算(数学)」が、庶民の娯楽だったそうですね。


今みたいに、テレビや雑誌があるわけではない。


娯楽など、限られた時代です。


だから数学は、庶民にとって楽しみの一つだったのですね。


「何して遊ぶ?」

「三角形の面積でも、計算してみるか」

「どちらが早いか勝負しよう」


なんて会話がかわされていたかどうか知りませんが(笑)、まあ、そんな感じだったかもしれません。


僕も学生の頃、こんな感覚で数学をやっていたら、もっと成績もよかったかもしれない。


でも残念ながら、学校の勉強になると、こういうわけにはいきません。


「勉強」という意識が働くからですね。


純粋に楽しむ気持ちにはなれないのです。


もちろん、数学が好きな人は、限りなく楽しみながら勉強ができるでしょう。


でも、「娯楽」とまでは思えない。


「受験にとって必要」となったら、点数とか偏差値とか、そんなことが気になるのです。


その点、江戸時代は、そんなことは考えなくていい。


「頑張って勉強して、東大でも入るか」

と思っても、東大なんかない。(笑)


あくまで数学は、「娯楽」だったのです。


何かの目的のためにやっている人はごく少数。


大多数は、単なる「遊び」だったのですね。


カラオケに行ったり、ボーリングを楽しんだりするのと同じ感覚。


「歌手」になりたいからカラオケに行くとか、「プロボーラー」を目指してボーリンク場に行くとか、そんな人はごく稀でしょう。


楽しいからしているだけですね。


「趣味」というのは、本来そういうもの。


でも、趣味に「実益」がからんでくると、ややこしくなります。


趣味が、「目的を達成するためのもの」になると、心から楽しめないこともあります。


カラオケで、歌の点数が出ても、それは盛り上げるための一つの手段。


ところが、「80点以下は居残り」とか言われたら、行きたくなくなるでしょう。


そうなったら僕なんか、永久にカラオケ店から出られません。


つまり、損得や競争ではなく、「純粋な気持ち」をもっと大切にすべきなのです。


こういうのは、恋愛や人間関係にも言えます。


もちろん、遊びで恋愛をしろなどと言っているのではありません。


恋愛は趣味ではありません。


ただ、「気持ちをもっと楽にしてあげよう」という意味なのです。


恋愛にしても、人間関係にしても、うまくいかなくなると、素朴な気持ちから遠ざかります。


明るい気持ちが持てなくなってしまう。


だからますます、暗闇から抜け出せなくなるのです。


元来、相手といることが充実して楽しいからこそ、恋愛も人間関係も進展していくのでしょう。


「会わなければいけない」「恋人にならなければならない」

などと考えていたら、肩に力が入って、かえって自然の流れに逆行してしまいます。


自分で勝手に物事をややこしくしてはいけない。


もっと、自分の「素朴な気持ち」を大切にすべきです。


それがきっと、自分の魅力にもつながっていくことでしょう。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
物事をややこしくしているのは、自分自身。

「素朴な気持ち」を大切にすることです。

そうすれば、自分を自然に発揮していくことができます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


恋愛や人間関係、愛を伝えることが苦手な人のために「指南書」を書きました。

どうしたらよくなっていくかを、すべて書いています。




メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク