読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「グルメ番組的」愛され術


こんにちは。上村です。



突然ですが、

あなたは、他人からバカにされたら嬉しいでしょうか?(笑)



もちろん、嬉しいはずがありませんね。


「バカにされて快感だ」

という人はあまりいない。(笑)


ところが、


バカにされて喜んでいる場合があるのですよ。


不思議ですが、実際にあるのです。



例えば、テレビの「グルメ番組」ですね。


最近は、


「食べ歩き番組」が多いですよね。


いろんな店に、タレントさんが訪れて、

美味しい料理を食べる。


「舌がとろけそう」


「言うことないね」


「こんなおいしいもの、生まれて初めて食べた」


などと言っています。


僕は不思議なのです。


なぜ視聴者は、あれを見て怒らないのか?(笑)


だって自分は食べられないのです。


おいしいのは食べている本人だけ。


我々は蚊帳の外です。



例えば、あなたが「空腹」だとしましょう。



そんな時に、


「これ最高にうまいね」


と見せ付けるように食べてる人がいたらどう思うか?


気分が悪いですよね。


それと同じことをされているのです。


普通なら、


「いい加減にしろ」


と怒ってもいい。(笑)


ところが、

グルメ番組は相変わらず人気。


不思議ですね。


こういう考え方をするのは、僕がひねくれているからではなく(笑)、

100%理屈で考えたらそうなるのです。


「うまいものを見せ付けるのはけしからん」

と思って当然です。


ところが、実際にはそうなっていない。


グルメ番組を見ながら、

本気で怒ってる人を見たことがあるでしょうか?


「テレビで寿司なんか食うな」

と怒鳴っていたら、それの方がおかしい。(笑)


いったいこのギャップをどう考えたらいいのでしょうか?



それは、まさに、

「理屈」と「感情」のギャップなのですね。


理屈ではけしからんことでも、

感情となると、少し違う場合もあるのです。


感情面でいうと、


グルメ番組は、


見てる側も、自分が食べているような感覚を味わえるので、満足感があります。



理屈では腹が立っても、

感情では嬉しい。



おかしな感覚ですが、そういうこともあります。



この心理は、相手の心をつかむためのノウハウを、


我々に教えてくれるのですね。



では次回に、続きを書いていきましょう。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

理屈と感情は、一致するとは限りません。


それを知れば、相手の心がつかめるようになるのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク