読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

他人に任せる処世術


こんにちは。上村です。



前回は、


「コンビニでカサを発見する方法」


を書きました。(笑)



「他人任せ」にして、自分のカサを発見したのですね。



こういうのは、人間関係にもありますね。



例えば、仕事後、

(ビールでも飲みに行きたいな)

と思ったとします。


でも、そんなに強い気持ちでもない。


「何が何でも行きたい」わけではないのです。


(誰かに誘われたら行こう)

と思います。


これが「他人任せ」ですね。(笑)


誤解のないように言っておくと、

「他人任せ」がすべて悪いわけではないのです。


「他人の判断にゆだねる」のは、


誰にでもあることです。


ただ、何かにつけて他人任せにする傾向があったら、


ちょっと問題。



時には、自分が主体にならないと、ソンをすることになります。



でも、逆に、


「自分が主役にならないと気がすまない性格の人」


もいます。


主導権を握らないと、我慢できないタイプですね。


これも問題。


一見、頼りがいがありそうに見えますが、


極端過ぎると、

「自己中心的なヤツだな」

と評判を落としかねない。(笑)


だから、


「程度の問題」なのですね。


男女関係でもそうでしょう。


「男性は女性をリードすべき」と思って、


何でもかんでも自分で決めようとする。


もちろん女性の側からすれば、

頼もしいことかもしれません。


でも、やっぱり程度があるのです。


相手の女性が、「自分はこうしたい」と強く思っていたら、


それに合わせることも重要です。(当然ですが)



女性でもそうですね。



自分の希望と、相手の男性の希望を、


うまく調和させるべき。


ところが、マニュアル的に考えると、


「男がリードすべき」となって、


それに固執してしまい、相手の機嫌を損ねることもあるのです。



「男はこうすべき」


「女はこうすべき」


が大切なのではありません。



「人間対人間の付き合い」が大事なのですね。



「男心」「女心」というのは、

微妙に違う面もあります。


でも、


それをあまりに気にしたら、


肝心の「人間同士の付き合い」から遠ざかる。


微妙なものを気にしてもしょうがないのですね。


大切なのは、「人間の気持ち」。


それが根本的なものですね。


相手が異性だからといって、


身構える必要などないのですよ・・・。



まあ、


コンビニでカサを忘れた話から、


やたらゴーインな展開になりましたが、お許しを。



こういうのを「ゴーイング・マイ・ウェイ」というそうですが、


こういうおやじギャグは嫌われるので注意。(←自分に言ってます)




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

交際は、「バランス」が大事。


時には主導権を握り、時には相手に任せる。


性別は気にしなくていいのですよ。


「人間対人間の付き合い」ができれば、親密になれるのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク