読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

他人が何をするかを気にしてばかりいるから、自分が何をしていいかわからなくなる

こんにちは。上村です。


まず最初に、「笑い話」をお聞きください。


僕は昔、予備校で働いていました。


ある時、「校内の階段」を登っていたのです。


すると、思わず足を踏み外し、
前のめりにコケました。



幸い登りだったので、スベリ落ちることはなかったのです。


下りだったら、カンフー映画のようになるところだった。(笑)


それはともかく、
誰かに見られていたら恥ずかしい。


周囲を見回しました。

運よく誰もいません。


(よかった)

と胸をなでおろして、何食わぬ顔でそのまま登っていきました。




それからしばらくして・・・。



放課後に、僕はある生徒としゃべっていたのです。


ふいにその生徒が、

「そういえば、さっき階段でコケていましたね。大丈夫でしたか?」

と聞いてきた。



ギクッ



気付かなかったのですが、
その生徒に、たまたま目撃されていたのです。


(見ていたのか・・・)

さっきコケたことが思い出されて、思わず赤面しました。


僕が、あたりを気にしているところも、見られたに違いない。

実に恥ずかしい。


普段から生徒には、「脇目も振らずに勉強しよう」と言っていたし。(笑)



でも、後で考えてみました。


「いったい何が恥ずかしいのだろうか?」

と。



別に悪いことはしていません。


単にコケただけです。


一度もコケたことのない人など、いないでしょう。


その姿を見られたから恥ずかしいのでしょうが、

でも、見られても見られていなくても、コケた事実は同じです。


「他人の目」を気にして、恥ずかしくなったのですね。


しかし、冷静になってみれば、
コケたくらいが恥ずかしいことでも何でもありません。


他人がどう思うかを気にしすぎると、えてして、どっちでもいいことまで「恥ずかしい」と思ってしまうことがあります。


その一方で、自分では恥ずかしいと思っていないことの中で、「恥ずかしいこと」があるかもしれないのです。


例えば、自分の立場をよくするために、誰かの悪口を言うとかですね。


これは、普通に考えれば恥ずかしい行為です。


でも、えてして、そういったことを正当化してしまう場合がある。



本当に大切なのは、他人にどう思われるかではなく、
「自分がどう思うか」です。



本当に大切なのは、他人が何をしているかではなく、
「自分が何をするか」です。




他人の目ではなく、自分の「良心の目」を気にすべきです。


その態度が、あなた自身の行動を適切なものにし、
あなたに対する周囲の信頼を高めていくでしょう。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
他人の目を気にするのではなく、自分の「良心の目」を気にする。

他人が何をするかではなく、「自分が何をするか」を大切にする。

心から信頼される人とは、そういう人です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



あなたが、何をしても愛されないと悩んでいるなら、愛される方法があります。

それは、プレミアムメールマガジンに書いてあることを実行することです。





メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク