読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

会話上手の意外な視点


こんにちは。上村です。



前回は、


「行動会話術」


についてお話しました。



これは簡単なことなんですよ。



「会話と行動を合致させたら、最高の会話術が発揮できる」


ということです。



一般的な例で考えてみましょう。



例えば、


あなたが、好きな人に声をかけるとしますね。


会話自体は、言葉です。


「何を話すか」というのは、言葉の範疇ですね。


でも、「話しかける」というのは、行動なのです。


行動がともなって、初めて会話ができるわけです。


一人でブツブツつぶやいていても会話にはなりませんからね。(笑)


つまり、


本当の意味での「会話上手」とは、


「行動がともなっている」ということなのです。


話がうまくても、「行動」がともなっていないと、

効果も半分になるわけですね。



早い話、職場で、


「おい、みんな、仕事しようぜ」


と声をかけて、


自分から率先して働く人は、周りもついてきます。



ところが、


「仕事しようぜ」と言って、


「オレは、とりあえず一服してくる」


とか言ったら、誰もついてこない。(笑)


そういうことなのです。




僕も昔ありましたよ。


ある友人に、


「上村さん、飲みに行きましょう」


と誘われたので、いっしょに行ったのです。



で、支払いの時になって、


「オレ、お金ないんですよね」


と言うじゃありませんか。



聞くと、一銭も持っていないらしいのです。


遠慮なくガツガツ食べて、ガブガブ飲んでいたのに、

実は一銭もない。


仕方がないので、僕が全額払うハメになりました。


(お金ないなら誘うなよ)

と思いましたね。


もうあいつとは二度と行かない。(笑)


別にお金が惜しいからではないのです。


「誘う」という言葉と、

「勘定を払う」という行為が、

一体化していなかったから、そう思ったのです。


誘ったんだから、たとえ全額は無理にしても、

せめてワリカンくらいにしてほしいもの。(笑)


そうすれば、また楽しく飲みに行けるというものです。




いずれにしても、


「行動をともなう言葉には力がある」


というのは真実です。




よく政治家の人が、

演説でオーバーリアクションをしていることがありますね。


あれも、


一種の「言葉と行動」ですね。


身振り手振りをまぜることで、

より話が印象づけられるのです。


但し、パフォーマンスに頼っては逆効果。

当然のことながら、話がしっかりしていないといけない。


だから、『言葉+行動』なんですね。




いずれにしても、


会話上手になるためには、


意外かもしれませんが、「行動」という観点も意識してくださいね。



それがあなたの会話術を高めます。



言葉に説得力のない人がいるとしたら、


「行動」の面が欠けている可能性があるのです。



「話のうまいヘタ」の問題ではないのですね。




行動会話術の真髄はコチラのE-Bookが参考になりますよ。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「言葉+行動」で、あなたの会話術は格段に進歩するでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク