読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「心理学」に詳しても、人間関係とは関係ない話

こんにちは。上村です。


あなたには、こんなことはないでしょうか?


道を歩いていると、自分に向かって手を振って挨拶する人がいる。


でも、顔がよくわかりません。


(知り合いかな?)と思って、こっちも手を上げて挨拶します。


しかし、その人が挨拶したのは、自分の「後ろを歩いている人」だったのです。


こういう時はバツが悪いですよね。


振り上げた手のやり場に困ります。


髪の毛を触って、ゴマかしたりとか。


意味もなく、顔の運動をしたりとか。


特に、普段から多くの人と接しているような場合は、

「自分は知らないけど、相手は自分のことを知っている」

みたいなことがあるかもしれません。


「どうもこんにちは」と声をかけられたけど、相手が誰なのかわかりません。


適当にゴマかしつつ、(誰だったかなあ?)と必死で考えるのです。


好意を持ってくれている以上、コチラもお返ししないと悪いような気がします。


こういうのを心理学用語で、『好意の返報性』というそうですね。


人から好意を受けたら、相手に同じようにお返ししないと悪い気がする。


この心理を利用して、「相手に好意を示しましょう」というような、恋愛アドバイスをする人がいます。


それが本当なら、恋愛は楽でしょう。


世の中、恋愛で悩む人はいなくなります。


いや、心理学にケチをつけているわけではないのですよ。


「好意の返報性」というのは、実際にあることです。


さっきの挨拶がいい例ですね。


親しみを示してくれる相手に、そっけなくするのは気が引ける。


そういう心理は確かにあります。


しかし実際には、心理学どうりにいくわけではないのです。


だいたい、人間同士の交流は、学問ではありません。


例えば、さっきの恋愛で考えてみましょう。


「好意の返報性」どころか、『一方通行』ばかりになっている人もいます。


「いくら好意を示しても、相手は振り向いてくれない」

と悩んでいる人がいます。


どうしてそうなってしまうのでしょうか?


それは、「好意の返報性」を曲解しているからです。


「返報性」という言葉が、よくないと思う。


「好意」は、「好意」です。


「自分がこれだけしてあげているのだから、同じくらい相手も返すべきだ」などというものではないのです。


電車の中で、席を譲る時に、「返報性」など考えるでしょうか。


「ありがとう」と言ってもらえれば、それで十分でしょう。


返報性など期待せず、親切するからこそ、人間同士は成り立っていくのです。


「素朴な人間性」とは、そういうことではないでしょうか。


金銭の貸し借りのように、「好意」を考えてはいけないのです。


返報性など期待しているから、結局自分のことばかりになって、相手のことを本当の意味で考えることができなくなるのです。


別に返ってこようが、返ってこまいが、それが相手のためになることなら、それでいいではありませんか。


素朴な親切を、相手を選ばすにできるような人は、今度は、自分が困っている時、思いがけない人から助けてもらえることでしょう。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
いいことは、いいことです。

返報性など、考える必要はありません。

「素朴な人間性」を発揮するだけでいいのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

     1.追いかけるのをやめる
     2.「途方もない愛される力」を実践する

今すぐ、「真理」を知ってください。






メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク