読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「球に当てる」交際術の極意


こんにちは。上村です。



前回のブログで、


「バッティングセンターの話」をしましたね。(笑)



力いっぱい振っても、球に当たらなかったのに、

軽く振ったら当たった



というお話でした。



要するに、

思い切り振ったからといって、当たるものではないのですね。(笑)



これは、恋愛や人間関係でも、同じことなんです。



恋愛で、


「思い切りバットを振る」っていったら、


どういうことでしょうか?



もちろん、「アプローチ」ですね。



それが「思い切りバットを振る」ということです。



でも、リキんでいたら、なかなか当たらない。


すなわちアプローチがうまくいかないのです。



ところが、


リラックスして「バットを投げ出すように」振ってみたら、


意外にシンに当たったりするものです。


なぜそうなるのかというと、

車の運転に例えたら、よくわかると思います。


車を運転していて道に迷う。


焦って、めたらやたらに道を曲がったりすると、

余計にわからなくなってきますね。


「いったいオレが走っているのは、東西南北どっちだ?」


みたいになります。


そこでちょっと冷静になってみる。


「元の道に戻ってみる」のも一法です。


あるいは、車を止めて、地図を見るとか。


それから車を動かせば、迷うことはなくなります。


それが「肩の力を抜く」ということなのです。


「オレの車はカーナビがついてるから、そんな心配はない」


なんて言わないでくださいね。(笑)


これはそんなことを問題にしているわけではないので。




バットを思い切り振るのは、

「球に当てたい」

と強く思っているからですね。


その「力み」が、


ヘンな筋肉の動きになってしまうのです。



なので、かえって球からズレてしまう。


車で言えば、目的地から遠ざかる。



でも、


余計な力を入れず、ごく自然に振舞えば、


それが一番いいアプローチだったりするのです。



この『バッティングセンター的交際術』は、

いろいろ生かせるのですね。


ひょっとしたら、


バットにボールを当てるのがうまい人は、


人間関係や恋愛も巧みなのかもしれませんよ。


野球選手がモテるのも、これで頷けます。(笑)




それはともかく、


恋愛や人間関係がギクシャクしがちな人は、



『バッティングセンター的交際術』


は大いに参考になると思いますよ・・・。




コチラの記事も参考に。このテーマに関連していますよ。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

交際術の極意は、「軽くかかわる」こと。


その方がかえって、自分をアピールできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク