読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

追いかけると逃げるのは、焦っている人に絡まれると、息苦しくなるから

こんにちは。上村です。


今回は、少し「思い出話」をしてみようと思います。


僕が、大学の入学式用に、
初めて「スーツ」を買った時です。


ある店に行きました。

どんな服を買うか考えていたら、若い男性店員さんが近づいてきました。


「スーツをお探しですか?」
「そうです。入学式に着るので」


すると、店員氏、

「これなんかどう? 結構いいよ」

とあるスーツを勧めてきました。


勧めてくれるのはいいけど、何でいきなりタメ口なのだろうか。(笑)


まあ、僕は当時、10代。
店員さんも若かったし、ざっくばらんがいいと思ったのでしょう。


それは構わないのですが、その後が大変だった。


店員さんは、僕が考える暇もなく、
「今はこれが主流」みたいな感じで、有無言わさない。


僕は、あっけにとられました。


スーツを選ぶのは生まれて初めてです。

どれがいいのかもよくわからない。


そこへもってきて、「これしかない」みたいな感じで勧められたのです。


店員さんには、ひょっとしたら
「販売ノルマ」みたいなのがあったのかもしれません。


もちろん商売なので、押しも必要な時があるかもしれません。

でも、あまりにも強引すぎやしないか。


僕にしてみれば、ほとんど考える間もなかったのです。


知りたいことも質問できず、
その定員さんは、強引に話を進めていく。


もちろん、定員さんにやる気がなかったら困りますが、さりとて強引なセールスも困ってしまう。


当時僕は、消極的な性格で、
相手のなすがままになってしまったのです。


「無理やり押し付けられた」という苦い思いが残ったのですね。


「それでも売れたんだから、店にとってはプラスだ」

と思われるかもしれません。


でも、そんなこともないんですね。


なぜなら、それ以降、僕はその店に行かなくなったからです。


店の品に問題があるわけではありません。


その店に行くたびに、
「強引な店員がまた現れやしないか」と警戒するようになったからですね。(笑)


そこで、店員さんの立場で考えてみましょう。


その時はスーツを売ったのです。


彼は、ひょっとしたら、上司にホメられたかもしれません。


「よく売った。エライ」

みたいな感じで。


まあ、一着売ったくらいで、そこまで褒められないかもしれませんが。


でも、よく考えてみてください。


その時は、確かに売れたかもしれません。


でも、長い目で見ると、
それ以降の「ひょっとしたら僕が買ったかもしれない売り上げ」が、
なくなったのです。


その店は自宅近くにあったので、僕は度々利用していました。


でも、その一件以来、全然行かなくなった。


イヤな経験をしなければ、以降もずっと、モノを買い続けていたかもしれません。


店側にとってみたら、結果的にはソンをしているのですね。

目先の利益を追い求めて、結果的にソンをしたというわけです。


念の為に言うと、売り込むことが悪いと言っているではありません。

商売ですし、それも必要でしょう。


但し、何でもそうですが、結果を出すためには、それなりのステップがあります。


結果を出そうと焦って、
逆に「本当に望む結果」を遠ざけてしまうことがあります。



こういうのは、いろいろなことに言えますね。


何であれ、焦りをなくして、落ち着きの中で取り組んでいくことが大切です。


「プレミアムメールマガジン」は、「すさまじく重要なこと」を書いていますよ。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「結果」は求めるものではありません。

後からついてくるものです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━



あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

     1.追いかけるのをやめる
     2.「途方もない愛される力」を実践する

今すぐ、「真理」を知ってください。






メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク