読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

好きな人と話をしたいのに、思えば思うほど、話す機会が遠ざかっていく理由

こんにちは。上村です。


あなたは、好きな相手との「すれ違い」に、悩んだことはないでしょうか?


「今がそう」という方もおられるかもしれません。


もちろん、恋愛だけではなく、友人関係にもありますね。
人間関係にもあります。家族間でもあるでしょう。


今まで気持ちが一致していたのに、どういうわけか合わなくなっていくのです。


そういう場合は、焦るかもしれません。
何とかしたいと思います。


焦るあまり、必要以上に相手にしつこくして、かえって「もっとすれ違っていく」こともあるものです。


ところで、僕は、こんな話を聞いたことがあります。


あるバレーボール選手の話です。


ある試合で、信じられないくらい、チームメイトとの息が「ピッタリ合っていた」そうです。


お互いが、何も言わなくても、自然に思い通りの動きになっていく。


不思議な体験だったそうです。


どうしてこんなことが起こったのでしょうか?


様々な経験を通じて、チームメートの間に「深い信頼関係」が築かれていったのでしょう。


毎日いっしょに練習をして、苦楽をともにしている。


そんな中から生まれたのですね。


これは単に「一緒にいる時間が長かったから」ということではありません。


いくら長い時間一緒にいても、信頼関係とは、そんなことだけでできるものではありません。


「量」より「質」です。


お互いがいろいろな壁を乗り越えて、信頼関係が増したのです。


これは、我々個人の関係にも言えることです。


すれ違いがあるからこそ、「寄り添い」の気持ちも、きっと強くなっていくのだと思います。


何の問題もない関係はありません。


すれ違いもあって当然なのです。


お互いが別人格です。
お互いが、別々の環境を生きています。


乗り越えるべき壁があって、お互いが努力できるのです。


楽しいだけの関係、刺激的なだけの関係では、その時はよくても、だんだん飽きてくるかもしれません。


信頼とは、もっと「深いもの」だからです。


すれ違いや疎遠などにビクともしない関係こそが、信頼関係なのです。


会話だってそうですね。


「好きな人と、たくさん話したい」

これは誰しも思うでしょう。


でも、「たくさん会話したら親しくなれる」と思ってやしませんか?


そんな風に考えるから、相手をひたすら追いかけ回して、かえってコミュニケーションができない状態になってしまうのです。


量ではなく、「質」です。


「質の高い会話」をするべきです。


質の高い会話とは、何も「高尚な話」という意味ではありません。


お互いがお互いの意思を尊重し、違いを認め、その中で寄り添い合い、支え合う。


それが、質の高い会話なのです。


したがって、「単なる言葉」であってはいけないのです。


「態度」や「行動」が伴ったものであるべきなのです。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「すれ違い」もあって当然です。

お互いがお互いの意思を尊重し、違いを認め、その中で寄り添い合い、支え合うことが大切です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


メールマガジンも、ぜひお読みください。(購読無料です)



メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク