読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

人の目ばかり気になる人が、今から人の目を恐れなくなる話

こんにちは。上村です。


前回のブログで、僕の個人的な「ピースサインができない話」をしました。


僕は昔から、写真に写る際、どうしてもピースサインができないのですね。


恥ずかしくてできないのです。


でも、他の人が平気でしているのに、どうして自分にはできないのでしょうか?


誰かに迷惑をかけるようなことでもないのです。


そこで僕は、こういう結論に達しました。


「そのような恥ずかしさには、理由はない」

と。


例えば、誰とでも平気で話せる人がいます。


一方で、全く話せない人もいる。


「人と話すのが恥ずかしい」と思っていたら、話しかけにくくなるのは当然ですね。


実際それが恥ずかしいことなのではなく、そう思っているから恥ずかしいのです。


繊細さが裏目に出ているだけであって、元々は「気を遣うことのできる長所」なのです。


人は、元来長所なのに、それを短所だと思うことがあります。


気にしやすいというのは、要するに「気を使える」ということなのですから、気にするのではなく、「気を使えばいい」のですね。


そうすれば、短所と思っていたことが短所ではなく、実は長所であることがわかります。


「恥を知れ」という言葉がありますね。


他人の迷惑を考えないような人には、この言葉は大事。


でも、善良なあなたには、あまり関係がないと思うのです。


なぜなら、あなたは十分に恥を知っているから。


だから、善良なあなたには、こう言いたい。


「恥を知らなくていいよ」

と。


どっちでもいいようなことを恥ずかしがる必要はないのです。


「相手にバカにされるのではないか」「軽蔑されるのではないか」と思うのも、単なる妄想です。


実際はそんなことはありません。


それは自分が勝手に思い込んでいるだけなのですから。


それよりも、あなたの長所をしっかり発揮していくことです。


繊細な感覚は、人の目を恐れることに使うのではなく、「自己発見」に使っていくべきです。


短所と思っているその裏には、「長所」が隠れていたりするものです。


それを発掘するのは、誰の仕事でもなく、自分自身の仕事です。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
繊細さは、「自己発見」のために使っていくべきです。

短所と思っているその裏には、「長所」が隠れていたりするものです。

それを発掘するのは、自分自身の仕事です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

     1.追いかけるのをやめる
     2.「途方もない愛される力」を実践する

今すぐ、「真理」を知ってください。



メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク