読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「こだわらない」会話術


こんにちは。上村です。



前回は、


「わだかまりをなくしたら恋愛がうまくいきますよ」


という話をしました。



これは単純なように見えて、


かなり重要なことなのです。



どんなに親しい間柄であってもそうですね。


相手に対して、不信感とか、何とも言えないような感情を持つと、

とたんに打ち解けられなくなる。


逆に言えば、

打ち解けたかったら、「わだかまりを持たないこと」が大切なのですね。


大好きな異性なのに、


どうしても話が弾まない時ってありませんか?


いろんな原因があると思いますが、

一つには、相手に対して「わだかまり」を持ってしまった場合ですね。


これは会話がスムーズにいかなくなるのです。


では、どうして「わだかまり」を持つのでしょうか?


「自分の思い通りに動いてくれないこと」


に対するわだかまりですね。


それが大きいと思います。



相手のことが嫌いになったわけではありません。



単に「自分の思いが伝わらないイライラ」です。



これが会話を弾まなくさせている要因なのです。


では、どうしたらいいか?


簡単ですね。



「わだかまり」を捨てればいいのです。



相手に対して、いろんな要求があるから、

それを相手が叶えてくれないと、わだかまりが芽生えてくるのです。


簡単な話、

「ギャグを言ってるのに、相手がわかってくれない場合」ですね。(笑)


これはわだかまりもマックス。(僕だけか)



それはともかく、

「わだかまり」というのは、重大なことだけではないのですよ。


ささいなことでも、それは芽生えます。



前回のブログで、


「車の話」をしましたね。


この一件にしても、

よく考えてみれば、たいした話ではありません。


怒鳴った相手に殴られたわけでもない。


トラブルと言っても、ささいな部類。


自分が「ささいなわだかまり」を持っているとしたら、

それは水に流してしまった方がいいでしょう。


恋愛関係でも人間関係でもそうですね。



相手が浮気したとか、


そんなことなら話は別ですが、


たいていは、


「なんでもないこと」の積み重ねなのです。



「なんでもないこと」にこだわって、


会話できないような関係になってしまったら大変。



嫌いな人ならそれでもいいでしょうが、


好きな人だったら困りますよね。



わだかまりをなくして、さわやかに生きようではありませんか。(笑)




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ささいなこと」にこだわらなければ、いくらでも会話ができるでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク