読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「おフランス」という言葉があるのはなぜか?


こんにちは。上村です。



「和食」は、世界で大ブームのようですね。


各国で「日本料理店」ができて、人気だとか。


そもそも日本人は、


物を作るのがバツグンに上手です。


「技術立国」と言われますが、

工業製品だけではありませんね。


アニメーションもそうですし、

料理もそうですね。


細かい神経を使った、繊細なものを作り出すので、

人から喜ばれるわけです。


確かに和食は繊細。


そういったところが、日本料理がウケている理由だと思うのです。


でも、もう一つ大きな「人気理由」がありますね。


それは何か?


★ヘルシー

ということですね。


「和食=ヘルシー」

はもはや代名詞。


肉食が多い欧米では、

その反動で、体にいいものを求めようとするのかもしれません。



日本食は、「低カロリー」「低脂肪」。



「和食を食べていたら、痩せるに違いない」


そう思って不思議はないでしょう。


それに、 和食はおいしいので、一石二鳥。


これは一言で言って、


日本食の個性ですね。


「おいしく、かつヘルシー」


という個性があるのです。


人気の源はそれ。




例えば、フランス料理には、高級なイメージがあります。


「フランス料理を食べに行った」

と言われたら、


「へえ~、オシャレだね」

と無条件に思ってしまう。(笑)


これも個性でしょう。



「おフランス」なんて言葉もあるくらいですからね。(笑)



フランスだと「お」をつけても、何となくサマになる。



かといって、


僕はフランス人の知り合いがいるわけではありません。



でも、イメージがあるのです。



つまり、


個性あるものは、他人にイメージを与えるのですね。



そしてこの「個性」は、


会話術で大きな役割を果たすのですよ。



次回は、これについて書いてみましょう。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━

「個性」は、他人にイメージを与えます。

━━━━━━━━━━━━━━━━



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク