読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

傷つきやすい人は、他人の言葉ではなく、「自分の言葉」を気にしようという話


こんにちは。上村です。


「言うべきことが言えない」という人がいます。


もちろん、必要のないことなら、いいのです。


でも、「これは言わないといけない」ということが言えないと問題です。


自宅に「訪問販売」の人がやってくる。


「必要ないのでいりません」という一言が言えず、
ズルズル話を聞いてしまう場合があります。


これは人がいいというよりも、「決断しないから」そうなる場合が多い。


いらないものを「いらない」と言うのに、何の遠慮がいるでしょうか。


例えば、職場の同僚から、飲みに誘われる。


断りにくいかもしれません。


もちろん、自分が行きたいならいいのです。


でも、どうしても嫌なら、その必要はありません。


断ったら、相手が嫌な思いをするだろうという気持ちもあるでしょう。


でもそれ以上に、「断ったら自分の印象が悪くなる」という気持ちがあるかもしれません。


これは、相手への配慮というよりも、「自分の評価がどうなるか」が気になっています。


相手だって、嫌々付き合ってもらっても、いい気持ちはしないでしょう。


「知りません」「わかりません」「できません」と言うのは、時に勇気がいります。


しかし、わからないものはわからないし、できないものはできないのです。


それを正直に相手に伝えることの方が、誠意ある対応です。


もちろん、「わかること」や「できること(その可能性があること)」は、
素直に「わかります」「できると思います」「頑張ります」と言えばいいのです。


何事も「正直」になれば、余計な心配や恐怖を取り除くことができます。


自分の言葉をどうとらえるかは、相手の問題です。


それをコントロールすることはできません。


相手の反応を心配ばかりして、
逆に、「相手の気に障る言葉」になったりすることはないでしょうか。


相手の気持ちは相手にしかわからないのですから、
あれこれ考え過ぎても仕方がありません。


相手がどう思うかは相手次第です。


それより、「自分の言葉」が大切です。


例えば、ベタな例で考えてみましょう。


「プロポーズ」です。


「プロポーズする秘訣」はただ一つです。


「相手の思惑」を気にしないことです。


これは、「相手に配慮しない」という意味ではありません。


全く逆です。


「相手の意思を尊重する」という意味です。


自分は自分の気持ちを伝えることができます。


自分ができることは、ただそれだけです。


それを受け入れるかどうかは相手のことです。
相手に任せることです。


もちろん、「プロポーズ」は単なる例として書いたまでです。


日常では、いろいろな場面で、
「言いにくいことを言う」必要がある時もあるでしょう。


仕事でもそうでしょう。


(こんなこと言ったら、部下が怒るだろうか?)と思っていたら、
上司は永久に何も言えません。


(こんなこと言ったら、上司はどう思うだろうか?)と思っていたら、
部下はいつも窮屈です。


前回のブログでも書きましたが、何事も「動機」が大切です。


「真摯な気持ち、思いやり、動機の正しさ」が大切です。


それがあれば、何も恐れることはないのです。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大切なのは、相手の言葉ではなく、自分の言葉。

「真摯な気持ち、思いやり、動機の正しさ」があればいいのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



僕の「プレミアムメールマガジン」です。

「今まで何をしても、愛の悩みが解決しなかった」
そんな人のために書きました。

「愛とはシンプルなもの」
この言葉にピンときた方は、もうほとんど解決したようなものです。

このプレミアムメールマガジンを読めば、その意味がわかります。
実践方法がわかります。

今まで、1万人以上の愛情問題を解決してきた、「究極の解決方法」です。

愛に悩む人は、一時的な間に合わせではなく、「究極の方法」を実践してほしいのです。

誰にでも、今すぐ、それができます。

「恋愛や人間関係でいつも苦しんでいる方」
「胸が張り裂けそうな愛の悩みを感じている方」

今すぐ、たった1回でもいいので、このプレミアムメールマガジンを読んでみてください。

今こそがチャンスです。






メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク