読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「特捜最前線」的イメージ術


こんにちは。上村です。



前回は、「効果的なイメージアップ術」についてお話しました。



「自然な演出が一番」


というわけですね。



例えば、「役者さん」を例に考えてみましょう。


唸らせる演技をする役者は、

役柄に完全にハマっています。


演技だけど、演技に見えない。


例えば、昔ですが、


『特捜最前線』


という人気刑事ドラマがありました。


出演俳優は、


みんな個性的な演技をしていて、


思わず見入ったものでした。


その中でも、特に僕が印象に残ったのは、


「大滝秀治さん」です。


(実際にあんな刑事がいるんだろうな)


と思わせるほどの、説得力十分な演技。


「特捜最前線」は内容が結構重い。


気楽な内容が好きな僕としては、見るのが苦しかったのですが、

それでも大滝さんの演技に、引き込まれたのです。


つまり、


「作り物を感じさせない自然な演技」


だったのですね。


前回のブログで、


高校時代の同級生の話をしましたね。



彼は、賢いフリをしていたのです。



しかしそれではダメ。



「賢いフリをする」のではなく、

実際に「賢く」なればいいのです。(笑)



いや、少なくとも、自分でそう思い込むだけでもいいのですね。


「モテるフリ」ではなく、

「実際にモテる」こと。


そう思い込めばいいのです。


「モテない」と嘆く前に、

異性のところに顔を出せばいいのですね。



すると一応みんな「いい顔」はしてくれるものです。


誰でも異性には優しいものですからね。


その経験が、


「自分だってモテる」


という自信を植え付けてくれます。


周りに異性がいないなら、


「恋愛ドラマ」でも見ればいいでしょう。(笑)


それだけでも、気持ち的に違いますね。



いずれにしても、



「フリ」から一歩進んで、


実際そうなってみる。

そうならないなら、そうなるような状況に身を置く。


こんな工夫が人間を変身させるのです。


「自分を変えるのは難しい」と思うかもしれません。


なら発想を転換して、


環境を変えてみるわけです。


何も転職しようとか、そんなことを言っているのではありませんよ。


大きな変化は必要ないのですね。


小さくて構いません。



それがやがて、自分の性格にまで影響してくるのですから、


環境の力は偉大ですね。



大いに利用してくださいね・・・。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

自然な「自己演出」をしましょう。


そのためには、フリではなく、実際そうなってみるのです。


そう思い込むだけでもいいのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク