読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

対等で平等で、見上げず見下げず、ただ自分を発揮していく愛され術

こんにちは。上村です。


前回のブログで、「言葉の影響」の話をしました。


あなたの日常で、他人の言葉に影響を受けることはないでしょうか?


いい影響もあれば、悪い影響もあるでしょう。


例えば、職場で、同僚からこんなことを言われたとします。


「課長に意見してみたら。君に言われたら、課長も真剣に聞いてくれるはず」

と煽られる。


「ならば」と、課長に意見した。

すると、課長はみるみる不機嫌になった。


なんてこともあるかもしれません。


あるいは、恋愛でもあるでしょう。


「あの人も君のことが好きなはずだ。思い切って告白したら」

とその気にさせられます。


そこで告白します。

ところが、意に反して、相手の反応はよくなかった。


ということもあるかもしれません。


要するに、他人にそそのかされて行動するから、
そういうことになるのです。


大切なのは、「自分の意思」です。

最後に選択するのは、自分自身です。

なぜなら、自分の行動だからです。


他人の言葉に振り回されているだけなら、右往左往するだけです。


課長に言うべきことがあるなら、
自分の判断で、自分の理性で、言えばいいのです。


僕も、若い頃、職場でありましたよ。


先輩に、「この仕事は君にすべて任せた」と言われました。


ところが、いちいち細かいことまでチェックされるのです。


仕事ですから、チェックは必要でしょう。


でも、そのうち、妙なことに気付いたのです。


要するに僕は、面倒なことだけさせられて、
肝心のことは何一つ決めることができなかったのです。


「君に任せる」と言ったのは、その先輩の本心ではなく、
僕をおだてて「木に登らせようとしただけ」であることがわかりました。


実にけしからんですね。(笑)


まあ、人生途上では、いろいろな人に出会うこともありますね。


つまり、おだてられて調子に乗ってはいけないのです。


あるいは、「怒られたから仕方なくする」というのも、よくないですね。


何事も最後は、「自分の意思」が大切です。


もちろん、人の意見を素直に聞くことも大切です。


でも、それを取捨選択するのは、自分自身。
「自分の意思」なのです。


褒め言葉というのも、たまにならいいのですが、それがしょっちゅうだと、何か下心を感じてしまうでしょう。


逆もありますね。


相手の歓心を買いたいから、必要以上に厳しくするような人もいます。


いずれにしても、誠実な行為ではありません。


しかし、他人が誠実であろうがなかろうが、自分には関係ないのです。


大切なのは「自分自身の行動」です。

他人がどうあれ、自分は誠実な行動をしていくことです。


誠実な言葉、態度、行動を、自分がしていけばいいのです。


「自分の意思」とは、そういうことですね。


ところが、他人の行動で自分の幸不幸を決めていると、だんだん自分というものが信じられなくなってきます。


お互いは平等なのです。


当たり前のことですが、そうなっていない場合もあります。


まるで、「主従関係」のようになっていることがあります。


表面的なことではなく、「内面的」にそうなっていることがあるのです。


対等な関係でなければ、本当の意味で調和することはありません。


心はみんな平等です。


社会的な関係に惑わされて、自分を見失ってはいけません。


大切なのは、調和。


「隷属的な態度」では、愛されることはないのです。
「奴隷を使うような態度」も、もちろん愛されません。


相手を「見上げて」もいけない。
相手を「見下して」はいけない。


ただ、あなたはあなた自身を、周囲のために生かしていくことです。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
みんな平等なのだから、余計な壁を作る必要はありません。

ただ、あなたはあなた自身を、周囲のために生かしていけばいいのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

     1.追いかけるのをやめる
     2.「途方もない愛される力」を実践する

今すぐ、「真理」を知ってください。



メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク