読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「よこしまな気持ち」の心理術


こんにちは。上村です。



人間、「よこしまな気持ち」になる時って、ありますよね。(笑)


あなたにはありませんか?


例えば、

「催眠術で、好きな人を思いのままにしたい」

なんてこと。


これをある友人に言ったら、彼は即座に否定しました。



「一度じゃない。オレは毎日考えている」


と。(笑)


確かに、本当に催眠術が使えたらいいかもしれませんね。


エイヤとばかり、異性に催眠術をかける。


相手は、あなたにイチコロです。


夢の「コンビニ恋愛」が可能になりますね。(笑)


でも当然ながら、現実は甘くない。


そんな魔法が使えたら、男性も女性も体がいくつあっても足りないでしょう。


実は、僕はこう考えているのですよ。


「催眠術はかけるものではない。かかるものだ」


と。(笑)


例えば、「熱狂的な片想い」をしている人がいるとしますね。


その人はもう、立派に催眠術がかかっているのです。


好きな相手のことしか頭にない。


(あの人は今どうしているんだろう?)


とそればかり考えています。


相手の一言に過敏に反応してしまう。



相手のメールにハートマークなんかついていたら、


もう天にも昇る気持ちです。



でも、メールの返信がなかったら、心は地獄。


相手のことをいろいろ考えて、いてもたってもいられなくなります。



これはもう、立派な「催眠状態」ですね。(笑)



相手に操られている状態なのです。



ここで大切なのは、


相手は、催眠術をかけようという気持ちなど、全くないということですね。



自分が勝手にかかっているのです。



一人相撲なのです。(笑)



ここが重要。



では、次回に話を続けていきましょう。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━

相手が操っているのではありません。


自分が勝手に「操られて」いるのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク