読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「新」催眠術


こんにちは。上村です。



前回は、「催眠術の話」 でしたね。(笑)



それは、


「かけるものではなく、かかるものだ」


ということでした。



そう考えると、


自分が何かをしようとか、そういう発想がなくなりますね。


相手を振り向かせるために、


しつこいアプローチを繰り返すこともなくなる。


もっと広い視野になりますね。




例えば、「出会い」について考えてみましょう。



「出会い」というと、「1対1の出会い」を想像しがちですね。


確かに、出会うのは、1対1かもしれません。


しかしよく考えてみると、

一人と一人が出会うためには、多くの人が介在しているものなんです。


あなたに、職場で好きな異性がいるとしましょう。


もしその異性が、


その職場に採用されていなかったら、どうなっていたか?



もちろんあなたと出会っていないわけですね。



逆の場合もありますよ。


あなたが不採用になっていたら、同じく相手の女性とは出会っていません。



したがって、

もしあなたの恋愛がうまくいったとしたら、

それは誰のおかげなのでしょうか?


「二人を採用してくれた会社のおかげ」


かもしれないのです。(笑)


でも、会社も、そんなことを考えて採用したわけではないでしょうから、

お礼なんていらない。(笑)



つまり、「自分と相手が出会った」と言っても、


実は、


「いろんな人を通じてその出会いが実現した」


ということなのですね。



「オレが、オレが」と思っていたら、恋愛は進展しない。



「何が何でも彼女とツーショットになる」

とリキんでいる人は、いつまで経ってもツーショットになれない。


「ツーショット」なんて言い方が古いですが(笑)、


それはともかく、

ここで大切なことがわかるのですよ。



★自分中心では、恋愛は成立しない


ということですね。



ここで言う「自分中心」とは、文字通りの意味ではないのです。

「自分勝手」ということではありません。


自分と相手しか見ない状況ですね。


それがヤバいのです。


二人の世界になるのは、恋人同士になってからです。(笑)


そこを勘違いして、

まだ親しくもないのに、「二人の世界」を築こうとするから、

カラ回りしてしまうのですね。


「二人の世界」は、築こうとするものではないのです。


それは勝手に築かれるもの。


そう考えて、


もっと視野を広くして、人と交わっていけばいいでしょう。



それが最終的に、


「相手と仲良くなる秘訣」


なのですよ・・・。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

愛されようとし過ぎたら、愛されなくなります。


もっと気楽に相手と接していきましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク