読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

わからないことを、「わからない」と言うのは、当たり前という話

こんにちは。上村です。


あなたは、

「わからないことを、わからないと言える」

でしょうか?


「わかりません」と言うのは、意外に難しい時があります。


人に質問されて、
「つい知ったかぶりをした」ことって、ありませんか?


友達の前で、全然わからないのに、
「ああそれね」なんて言ってみたりとか。


相手に、いいところを見せよう、
「それはこういうことだよね」と言ったら、
全く見当違いだったりとか。


こういうことは、「仕事上」で多いかもしれませんね。


僕は、かつて「大学受験予備校」で働いていました。


予備校にも、営業があります。
高校に、模擬試験を売ったりする。


僕が、「営業担当だった頃の話」です。


ある高校で、

「あなたの予備校の公開模試は、
受験人数はどれくらいですか?」

と聞かれました。


しかし、僕は、「正確な数字」を把握していなかったのです。


当時は、駆け出しだったので、
「できない営業」と思われるのが嫌だった。


思わず、「適当な人数」を言ってしまったのです。


「そんなに大勢、受験しているの?」と先方に驚かれました。


僕の言った数字が、間違えていたのですね。
誇大に答えてしまったのです。


その後の会話がうまくいかなかったのは、
言うまでもありません。



例えば、会社では、「採用面接」がありますね。


学校でも、入学試験で、
「面接」を課す場合があります。


その時、「知ったかぶり」をして失敗する場合があります。


もちろん、しっかり話を伝えるのは大切です。


そのための面接ですから。


しかし、わからないことを、
「あたかも知ったこと」のように答えることはできません。


どうしても、答えられないことなら、

「わかりません。でも、入社(入学)したら勉強させていただきます」

と言えば、印象はいい。


何事も、「誠実」になれば、突破口が見えてきます。


このように、「わかりません」の一言が、言いにくい時もあるでしょう。


相手に対して、申し訳ないような感じになるし、
自分が軽く見られるような気もするからです。


しかし、これは「逆」ですね。


いい加減に答える方が、相手に対して申し訳ないし、
自分自身も困ったことになります。


もしあなたが、

「自分は知らないことは何もない」みたいな人と会話をしたら、

どんな気持ちになるでしょうか?


いい印象は受けないと思います。


僕の、かつての同僚にもいました。


「知らない」ことを、自尊心が許さないタイプです。


彼を、心から信頼する人はいませんでした。


知ったかぶりをしても、
相手は尊敬してくれません。


むしろ、正直に知らないと言える人の方を、尊敬してくれるでしょう。


「わかることはわかる」
「わからないことはわからない」

当たり前のことです。


見栄を張らなくても、あなたは十分「愛される存在」です。


知識を得ることは大切ですが、
誠実の伴わない知識は、空疎です。


何事も、最後は「誠実な人」が、信頼されるのです。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「誠実」になれば、他人から信頼されます。

「誠実な自分」に自信を持つべきです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ブロマガ記事では、「人気など、全然必要ない」という話をしています。




メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク