読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

なぜ宴会が急にお開きになったのか?


こんにちは。上村です。



あなたは、「飲み会」に参加することはあるでしょうか?



お酒が入るので、


思わぬトラブルが発生することがありますよね。


同僚同士がケンカしたりとか。


昔、僕も経験がありますよ。


みんなでワイワイ飲んでいたら、


どうも一人「言葉のトーン」の違う奴がいる。



興奮しているようなのです。



ヒョイと彼を見ると、隣の同僚と口ゲンカしていました。



ケンカの中身は実にささいなこと。


「ビールの注ぎ方がどう」とか、何かそんなことのよう。


内容も忘れるくらいの、実にどうでもいいことでした。(笑)


でもお互い譲らないのです。


だんだん険悪になってきました。


今にもつかみかかりそうな状況。


するとどうでしょう。


危険なムードを察した、飲み会の幹事が、

急に叫んだのです。



「では、そろそろお開きにしようか」


と。(笑)



事態を収拾するために、解散しようとしたらしい。


でも、「これで終わる方がもっと尾を引くんじゃないか」と思った。


仲直りしてから解散した方がいいのではないでしょうか。


それに、彼らはケンカしていても、

残りのメンバーには関係ない話。


周りはえらい迷惑を被ったものです。


まあ、僕は酒が飲めないので、早く終わってよかったけど。(笑)


それにしても何でこんなことになってしまったのでしょうか?


そもそも、どうして二人はケンカしたのか?



つまらないことで言い争いをするのは、


それなりに理由があるからですね。



そして、この理由を知ることが、


会話術にとってもなかなか重要なことなのです。



では次回に続きを書きますね。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

つまらないことで言い争うのは、理由があります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク