読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

お酒を強要する人間に対処する本当の方法

こんにちは。上村です。


宴会などで、お酒を飲まない人に、
ちょっかいをかける人っていますよね。



「飲め、飲め」と強要する。


「飲めません」と拒否したら、
「おもしろくないヤツ」と言われる。


「おもしろい」「おもしろくない」の意味がわかりませんね。(笑)


僕も昔、「酒が飲めないんです」と断ったら、
職場の先輩に、「雰囲気を壊すようなことを言うな」と言われたことがあります。


しかし、これほど理不尽な話はありません。


飲めないのは、体質です。


当たり前ですが、飲む飲まないは、人の自由です。


自分がガブガブ飲むのは勝手ですが、
飲めない人を巻き込もうとする心境がよくわからない。


もちろん、お酒飲みが、みんな無理強いをするというのではありませんよ。


ごく一部の人です。


でも、そういう経験を何度かすると、
お酒飲みの人がいたら、酒を押し付けられそうで、思わず身構えてしまう。


その結果、宴会や飲み会の場が、ことさら苦手になってしまったのです。


もちろん、お酒だけが理由ではありません。


「宴会」=「嫌なことを押し付けられる」

という意識が芽生えてしまったのです。


もちろん、これは一種の偏見でしょう。


別に、酒を強要するような人間ばかりではありません。


大多数は、穏やかな、平和主義者なのです。


ところが、一部に、
「強要」と「親しさ」の区別のつかない人がいます。


そのために、宴会の場が、
「修羅場」のように思えてきたのです。


宴会自体は、別にどちらでもいいのです。


ただ、せっかくの場を、
そういった一部の人のために暗く考える必要はありません。


自分と体質の合わない人がいると、居心地が悪いでしょう。


しかし、酒を強要することの是非はともかく、
相手は相手としてそのまま受け入れないと、自分が疲れてしまいます。


思いどおりに相手を改造しようとしたら、
泥沼にハマっていきます。


当たり前ですが、我慢してお酒を飲む必要など、全くないのです。


たとえ、何を言われようと、正しいことは、主張するまでです。


相手の人格を操作することはできません。
でも、自分が伝えるべきことを、伝えることはできます。


相手を変えることはできませんが、
自分自身のことは、自分ができることです。


自分ができることに無頓着で、ひたすら相手を変えようとするから、
いっそう悩みが深くなっていくのですね。



人間は、自分ができることをすればそれで十分なのです。


だから、もっと状況を肯定的に考え、決してつまらないことを恐れてはいけないのですね。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「調和」とは、自分の中に見出していくもの。

あなたは、できることをすれば、それでいいのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ブロマガ記事では、「人気など、全然必要ない」という話をしています。




メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク