読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

教習所で起こった「たぶん意外な」出来事


こんにちは。上村です。



これは僕が、「自動車教習所」に通っていた頃のお話です。


(なので、ずいぶん昔の話です)


技能教習が始まりました。


僕は、担当教官と共に、車に乗り込もうとしたのですが、


その時、ふと、


別の教官が一人で立っているのを見ました。


普通は生徒といっしょにいるもの。


(どうしたんだろう?)

と思ったら、


どうやらその教官の元には、生徒が来ていないようです。


つまりドタキャンされたわけ。


当の教官は、さぞかし怒ると思いきや、

意外な反応をしました。


「やった、この時間は休みだ」


と大喜び。


そのシーンを見た僕は、複雑な気持ちになりました。


(教官って、教習をするのがイヤなのか?)

と思った。


イヤイヤ教えられるこっちは、もっとイヤになります。(笑)


まあ、でもこれは、

その教官の個人的な性格でしょう。


教官全員が、そうだというわけではない。


たまたま仕事が嫌いな教官だったのです。(笑)


しかしハタで見た生徒は、そうは思いません。


実際僕は、誤解しました。


そりゃ、素人が運転する車の横に乗るのですから、

楽しいわけはありません。


命がいくつあっても足りない。


ましてや高速道路なんぞ走った日には、

毎日戦場で戦っている気分でしょう。


そう考えると、自動車教習所の教官って、

ある意味、警察官以上に危険な職業かもしれない。(笑)


そう思って、

(やっぱり教習なんてイヤだよな)

と僕は思ったのです。



もちろん、あくまで僕の想像ですね。



教官一人一人にインタビューしたわけではないのです。



それに「危険」と言っても、


教習所の事故話は、そんなには聞きません。(あるとは思いますが)




それはともかく、その教習なのですが、

僕は昔からドンくさかったのです。


どうもうまく運転ができない。


いつも同乗している教官から、

イヤミを言われていました。


「一時停止」のところを止まらず、

怒られたこともありました。


その時に、僕の担当教官は、こう言ったのです。


「思いやりがないのか、君には」


と。


かなり皮肉っぽく言われました。


確かに一時停止で止まらなかったのは、僕が悪い。



しかし、だから教習所に通っているのです。



怒られるのはともかく、

「思いやりがない」とはどういうことだ?(笑)


単に運転の素人なだけで、

「思いやりがないから」止まらなかったわけではないのです。


ずいぶん昔の話なのですが、

こう言われたことは、今だに根に持っています。(笑)


まあ、今から考えれば、

実際の運転で事故ったら一大事ですから、

教習が厳しいのはいいことかもしれない。


でも、繊細な僕は、当時傷ついたのです。(笑)


そんなこんなで、免許は取得したものの、


あまり教官に対していいイメージがなかったのですね。


これは昔の話なので、今はもうちょっと対応がよくなっていると思います。


(そう思いたい)


昔はまあ、学校の先生も、自動車教習所の教官も、

イジワルな人が多かった。(あくまで個人的感想です)



ところで、何が言いたいのかといいますと、


まさに、このようにして、


「人のイメージ」が出来上がっていくということが言いたいのです。(笑)


「教習中止で喜ぶ教官」

「ひどいことを言う教官」


そんな人に出くわしたから、


「教官なんて、みんなイジワルだ」


と思ってしまう。


しかしです。


もしこのブログを読んでいる方の中で、

自動車教習所の教官氏がいたら、こうツッコムに違いない。


「オレはそんなんじゃないぞ」

と。



やはり人間は総合的に見ないといけないのですね。



ここが大切な点です。



では、次回もこの話を続けましょう。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一つのことで人間をイメージすると、偏った見方をしてしまいます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク