読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

八つ当たりをする人への「奥深い対処法」

こんにちは。上村です。


昔の話ですが、こういう人がいました。


車に乗せると、やっかいなタイプ。


ある時、こんなことがありました。


僕が運転して、
その人を助手席に乗せていたのです。



「高速道路」に入ったのですが、
そこは混んでいました。


なかなか前に進みません。


どうも事故渋滞のよう。


横に乗っていた人は、短気な人です。


「どうなってるんだ、何で進まないんだ」

とイライラする。



すると彼は、

「次のところで、高速道路を降りよう」

と提案してきました。


「一般道の方が空いているのではないか」と思ったのですね。


その意見には賛成ですが、何せ車はノロノロ運転。


次の降り口といっても、
なかなかそこまでたどり着かないのです。


同僚のイライラは募っていく。


と言っても、怒りの矛先がないので、
僕の運転に対してあれこれ言い出したのです。


「横のレーンに入って、できるだけ先に進め」

とか、ウルサイ。


さすがに僕も、気分が悪くなってきました。


思い切り不機嫌な態度をして、
それ以降、「気まずい雰囲気」になりました。


そういう雰囲気になると、ますます目的地が遠いような気がしますね。(笑)



ところで、ここでお話したいのは、
「嫌われるタイプ」のことです。


この話に出てくる同乗者は、嫌われるタイプの例ですね。


「八つ当たりする人」です。


言うまでもなく、八つ当たりは褒められたことではありません。


それに彼は、その時たまたまではなく、
普段からそういうことがあった。



しかしよく考えてみると、これは「反面教師」なのです。


つまり、こういうタイプが嫌われるなら、
これとは「反対のタイプ」になればいい。



そうしたら、好かれるし、愛されるということになります。


自分が不機嫌だからといって、
当り散らすような人にならなければいいのです。


考えてみれば当然のことですが、
ややもすると、「ミイラ取りがミイラになったり」することもあります。


他人のよくない態度を、自分が真似してしまうことがある。


しかし、それではいつまで経っても、自分のプラスにはなりません。


本来の自分は、
もっと「前向きなもの」に向かっていくべき存在です。


すべてのことから、教訓を引き出せる存在なのです。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
嫌なタイプの「反対のこと」をすれば、あなた好いてくれる人も増えるでしょう。

どんなことも、あなたにとって「教訓」にすることができます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



あなたが、何をしても愛されないと悩んでいるなら、愛される方法があります。

それは、プレミアムメールマガジンに書いてあることを実行することです。





メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク