読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「求愛行動」の法則


こんにちは。上村です。



前回は、


「クジャクの求愛行動」 の話をしました。(笑)



「羽を広げる」のが、クジャクの求愛行動。



では、人間が「クジャクのマネ」をしたらどうなるでしょうか?


羽もないのに、羽を広げようとしたら、相手はどう思うか?


「ヘンな人」と思いますね。(笑)



しかし、僕らは無意識のうちに、

異性にこの種のアプローチをしている場合があるのですね。



「最近、髪型変えたよね」


「いえ、変えていません」



みたいな会話になって、


気を利かして聞いたつもりが逆効果になったりします。(笑)



これではうまくいかないのは当然。


じゃあ、いったい何が間違っていたのでしょうか?


それは「ない羽」を見せようとしたからですね。



無理やり観察力のあるところを見せようとしたからです。(笑)




例えば、「マメな人はモテる」などと言われます。



しかし、そう決め付けることはできないのです。



元々マメな人は、そうすればいいだけですね。


マメでない人が、とってつけたようにマメになっても、意味がない。



別にマメでなくても愛されている人はいっぱいいます。(笑)




例えば、ある人が、合コンで「素敵な異性」と仲良くなったとしましょう。



しかし、


他人がうまくいったからといって、


自分がそれで成功するとは限りません。



また、


「仕事のできる友人」がモテているとしましょう。


「なるほど、仕事ができることが、モテる条件なんだな」


と仕事を頑張ります。


しかし、頑張って「デキる人」になっても、それと恋愛はまた別の話。


もちろん仕事をバリバリこなす人は魅力的ですが、


恋愛に直接結びつけることはできません。


「愛される人はこんな人」という固定観念を持つ。


そして、そういう人になろうとする。


これが間違いの元なのです。



それより、


『自分を愛してくれる人がいる』


と思うことの方が、大切です。


主客が逆なんですね。


あなたの人格を愛してくれる人は、必ずいます。

だから安心していいのです。



そう思うことが、あなたを魅力的にします。



あなたから「自信のオーラ」が立ち上ってくるからですね。



その方が、かえって「自分自身」を発揮できますよ。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

自分を愛してくれる人は、必ずいます。


だから安心していいのです。


そう思うことで、あなたは魅力的になるでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク