読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「国民の義務」を果たして怒られる場合


こんにちは。上村です。



最近は、「タレント議員」さんの活躍が、目立ちますね。


元からメディアで活動しているだけに、

テレビ映りもバッチリです。


そういう意味では人気が出て当然。


しかし、こういう状況に、異議を唱える人もいます。


「政治と人気は関係ない。タレント議員がもてはやされていいのか」

と。


確かに、それは正論かもしれない。

あなたはどう思いますか?


政治的な力と、タレント的なものとは、全然違うような気がします。


そんな人気先行型議員の出現に、

「これでいいのか」

と不安になる人もいるでしょう。


それは正しい不安ですが、


しかしよく考えてみると、


政治家とタレントは、共通点があるのです。


いい悪いは別にして、

「人気商売」という点ですね。


もちろん、

「人気があれば当選する」

なんて簡単なものではないでしょう。


でも、人気がある方が有利なのは、疑いのないところ。


有名人は、名前が知られているので、

「自己宣伝の手間」が大幅に短縮されるのです。




例えば、僕が、選挙に出馬したとしましょう。


「郷土をよくしたい」

という熱意は十分です。(笑)


しかし意欲だけでは当選できません。


まず名前を覚えてもらわないといけない。



「上村です。上村です。上村です・・・」



と、朝の出勤途中の人に向けて、

駅前で連呼する。


当然、みんな素通りです。


横目でチラっと僕を見ながら、


「何だ、お前は」

的顔で通り過ぎていく。


チラとでも見てくれるのはまだマシです。

たいていは、無視して行き過ぎてしまうでしょう。


これは当然ですね。


朝の忙しい時に、演説なんぞ聞いていられません。

会社に遅刻してしまう。


職場の上司に、

「今日は何で遅刻したんだ」

と言われて、


「国民の義務を果たすため、候補者の演説を聞いていました」

とか返事したら、


「バカヤロー」とドヤシつけられるに決まってます。(笑)



ところがです。



その駅前で演説している人が、「著名人」であったとしましょう。

テレビにしょっちゅう顔を出しているような、有名人。


すると、素通りしていく人もいるでしょうが、

ほとんどの人が足を止めるか、視線を向けるはずです。


「おおっ、あの人だ」

と興味を持つ。


携帯で撮影したりするかもしれません。

握手を求めるかもしれない。

女の子はキャーキャー言います。


これが無名の人だと、

「朝からやかましいぞ」

と思って終わりです。


この差はいったい何でしょうか?(笑)


演説を聞いて、会社に遅刻しても、

「実は駅前で、有名人の○○が演説していたので」

と理由を言えばいい。


「何、○○がいたのか・・・。それは仕方がないな」

と遅刻も大目に見てくれるかもしれません。(笑)


しかし、この時点では、

僕と、その有名人の、政治的な力の差はわからないのです。


人格的な差もわかりません。


でも少なくとも、

「顔が知られている」という点では、差をつけられています。


僕の方が、数段女性に優しいのに、

握手を求められるのは、その著名人の方なのです。(笑)


これはきっと投票にも、少なからず影響するはず。


やっぱり知名度がある方がトクなのです。(あくまでこの場合の話)


したがって、タレントと政治家は、共通する資質があるのですね。



ところで、


この「共通点」という考え方は、会話を弾ませる一つの要素なのですよ。



恋愛や人間関係では、「共通点の発見」は相手との距離を近くするのです。



では次回も、これについて書いていきますね。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━

「共通点の発見」を意識しよう。

━━━━━━━━━━━━━




1日10分で驚異的に愛される会話術~相手の心をひたすら掴む「悪魔的フリートークの技術」






トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク