読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

年をとっても、若者のマネをしていいよ

こんにちは。上村です。


あなたは、無常を感じる時はないでしょうか?


「突然何を言い出すんだ」
と思われたかもしれません。


特に僕は、「月曜日」に無常を感じてしまう。


「やれやれ、また一週間が始まってしまう」
みたいな。

火曜日は、若干立ち直っています。(笑)


それはともかく、無常といえば、「だんだん年をとっていく」ということがあります。


例えば、こんなことがあります。


道を歩いています。

すると前方に「ビラ配り」がいる。


道行く人に、ビラを配布しています。

僕はその横を通り過ぎます。


ところが僕だけ、なぜかビラがもらえないのです。(別にほしくありませんが)


(なぜだろう)と思った。


そこで観察していると、理由がわかりました。

要するに、そのビラは、「若者向けの案内」なのです。


通りすがりの人が、若者なら渡す。

したがって僕は若者ではないので、渡されないのです。


何かいい気持はしませんが、こんなことで気分を害していたら大人とは言えない。(笑)


しかし、そもそも、どうして年齢が気になるのでしょうか?
「若さ」って何?

と考えると、非常に大切なことに気が付きます。


と言いますのも、年齢を気にしているのは、他人ではなく、自分自身であったりします。


他人は何も思っていないのに、もうこのトシだからと、自分を決め付けてしまうことがあります。


自分で自分を束縛すると、他人に対しても束縛したい気持ちが湧いてくるものです。


「若者はこうあるべき」「大人はこうあるべきだ」みたいな。

しかし、こうあるべきかどうかなど、自分自身の判断ではなかなかわからないものです。


あなたの人生だって、「未来はこうあるべきだ」と思って、果たしてその通りになったでしょうか?

たぶん、なっていない部分が大きいのではないでしょうか。


「自分を縛る考え方」から脱却し、肩の力を抜いていけば、きっと新しい考え方も入ってくると思います。


我々はややもすると自分の都合で是非を決めがちですが、いったんそこから離れたら、もっと理性的な考え方ができるようになると思うのですね。


その中から、自分には、まだまだ知らない可能性が秘められていることがわかるでしょう。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
自分を縛る(暗くする)考え方を変えてみる。

それだけで、日常は変わっていくでしょう。

自分は、自分でまだ気が付いていない可能性を秘めています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



この度、僕は多くの方のご要望にお応えして、E-BOOK(電子書籍)を出版しました。


『自分で自分の心に「カウセリング」をして、
愛の問題を解決する「愛の弱者」だからこそできる方法』


です。


「恋愛の悩み」「人間関係の悩み」「人生の悩み」

それを自分で自分の心に「カウセリング」をすることによって解決していく、その方法を書いたものです。


あなたが、
「自分は愛の弱者だ」と思うようなことがあれば、
本書はとても有益なものになるでしょう。


今までの思い通りにならない状況が、きっと一変するはずです。

本書には、それくらいの大きな力があります。


詳細の説明は、下記に書きました。


この説明文は、メルマガとして読んでいただいても価値があると思います。

スラスラ読めると思います。


最後まで読めば、あなたの中で何かが変わっていくことでしょう。

では、さっそく読んでみてください。



メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク