読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

年をとったら、若者のマネをしてはいけないか?


こんにちは。上村です。



考えてみれば、人生とは、無常なものですね。


「突然何を言い出すんだ」


とあなたは思われたかもしれません。


特に僕は、「月曜日」に無常を感じてしまう。


「やれやれ、また一週間が始まってしまう」


という無常ですね。



したがって火曜日は、若干立ち直っている。(笑)



それはともかく、今回は、少し「人生」について考えてみましょう。


人生に対する考察もまた、必要なのです。


ではいったい、人生の何が無常なのか?


それは、「人間はだんだん年をとっていく」ということですね。


例えば、子供が、「今日は誕生日おめでとう」とみんなに祝ってもらう。


そんなシーンを見ると、僕は何となく無常を感じるのです。


昔の僕は、そうではなかった。


友達の誕生パーティーに出席しても、心から「おめでとう」が言えました。


自分の誕生日がきたら、「嬉しいな」と思ったのです。


ところが年を重ねていくうちに、もう誕生日などどうでもよくなった。


それどころか、子供が誕生日を楽しそうに祝ってもらっているのを見て、「軽い嫉妬心」を覚えるようになったのです。


子供に嫉妬するとは、大人としてこれでいいのか。(笑)



それから、こんな出来事も、僕を暗くします。


道を歩いています。



すると前方に「ビラ配り」がいる。


道行く人に、ビラを配布しています。


僕はその横を通り過ぎます。


ところが僕だけ、なぜかビラがもらえないのです。(別にほしくはありませんが)


(なぜだろう)と思った。


そこで観察していると、理由がわかりました。


要するに、そのビラは、「若者向けの案内」なのです。


通りすがりの人が、若者なら渡す。


したがって僕は若者ではないので、渡されないのです。



こういう差別はよくないぞ。(笑)



しかし、そんなことをいちいち気にしていたら、とてもではありませんが、イキイキと生きることはできませんね。



そもそも、どうして年齢が気になるのか?


「若さ」って何?



と考えるうちに、非常に大切なことに気がついたのです。



もちろん恋愛や人間関係に役立つことです。



「自分を縛る考え方」から脱却することが、人生を軽やかに生きる秘訣になるのです。



それは、会話術にも有効に働きます。



では次回に、それについて書いてみましょう。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

自分を縛る(暗くする)考え方を変えてみる。


それだけで、恋愛力や人間関係力が高まるでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク