読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「カワイイ」と言っても伝わらないトーク術


こんにちは。上村です。



恋愛や人間関係で、「ホメて親しくなる」ということが、まことしやかにささやかれています。



果たして、それは有効なのでしょうか?



例えば、好きな異性ができると、やたらに相手を持ち上げてしまうことってありますよね。


「君はカワイイ」「あなたって素敵ね」と言いまくる。



あるいは、「女性の変化に気付くのは男性の役目」とばかり、「今日はネイルを変えたね」とか、できるだけ変化に敏感になろうとします。



もちろん、相手も悪い気はしないでしょう。



こちらとしても、何とか相手の心をつかみたいと思っています。


なので、歯の浮くようなことを言ってしまう。


後で思い出して、(何であんなキザなことを言ったのだろう)と、背筋が寒くなることもあります。


確かに相手は、ホメられて悪い気はしないでしょう。



しかし、それにも限度があります。


「ホメ殺し」なんて言葉がありますが、まさにそう。


自分の認識以上にホメられると、かえって疑いの念を抱くものです。



例えば、「動作の遅い人」がいるとします。



自分でも自覚があります。


そんな人に、「君ってなかなか機敏だね。感心したよ」と言っても、考えようによっては、相手をバカにしていることになります。



僕なども、「君はなかなか仕事が早いね」と言われたら、イヤミに思ってしまう。


自分で「仕事が早い」という自覚がないからです。



「仕事が早いね」と言われるくらいなら、「仕事が着実だね」と言われた方が、シックリきます。


「着実」というのは、自覚があるからです。



いずれにしても、ホメるというのを、何やら恋愛や人間関係のおまじないのように考えている人がいます。



しかし、心にもないことを言っても、相手の心には伝わりません。



心にないから、相手に伝わらないのは当然です。



「ホメマシーン」になって、かえって言葉が信頼されなくなっている人がいます。



そんな無理をしなくてもいいのです。



作戦ではなく、「素朴な気持ち」で相手に接するべきです。



では次回も、この話を続けましょう。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

作戦などいらない。


素朴な気持ちこそが、相手と親しくなる方法です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク