読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「自分勝手な」会話術


こんばんは。上村です。



では、前回 の続きです。



前回は、


「会話に愛想は必要ない」


という過激な?ノウハウでした。(笑)



しかしこれは本当です。



「時に、常識の逆をやる」ことも、


あなたの会話力を高める方法の一つです。


相手の話が、聞くに堪えないものだったら、

無理して聞かなくてもいいのです。


なぜなら、あなた自身が、


「聞きたくない」と思ってるからです。


あなた個性がそう思っている。



それを素直に表現しても構いません。


極端に言うと、

「会話に常識は必要ない」


のです。


ある程度親しい上司なら、


「タメ口」を聞いても、


それほど問題はないでしょう。



それで親しさが増すことがありますね。


まず、礼儀は大切。



でも、一歩関係が進んだら、

自分の感情を出してみましょう。


飛躍的に関係が発展していくかもしれません。


「オレって親しい友人が少ないんだよなあ」

という方がおられます。


でも、

「中ぐらいに親しい相手」なら、


いるんじゃないでしょうか?


だったら、その相手に、

自分の感情を出してみましょう。


「感情」=「個性」ですから、

個性を出すってことになりますね。


いつもじゃなくていいです。

たまにで構いません。


グッと相手との距離が、


近づくことが実感できるはず。


こうなればしめたものですね。


相手と加速度的に関係が深まるでしょう。



あなたが、普段から、

礼儀も挨拶もしっかりしてる人なら、

感情のおもむくままの会話をしても、大丈夫です。



むしろその方が、相手は親近感を覚えます。


どうか、あなたの会話を、

いろんな「マニュアル」で制限しないでくださいね。


「常に愛想よくしなければ」

なんて思わなくてもいいですから。


むしろ、「素の自分」を出すことが大切です。


例えば、「幼い子供」って、


わけのわからないことを言いますよね。



でもカワイイ。


どうしてカワイイのでしょうか?



普通は、わけのわからないことを言っていたら、


腹が立つはずです。(笑)



でも、それでも愛されるのです。



なぜか?


もうおわかりですね。


「子供らしいから」・・・です。(笑)


持ち味を出すことが、

会話で相手を魅了するヒケツなのですね・・・。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

感情を出すことが、関係を深めるための秘訣です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


メールマガジン


1万人を虜にする魅惑のトーク術 では、


さらに濃密な「恋愛人間関係ノウハウ」「トーク術ノウハウ」を配信しています。



購読は無料。ぜひお読みくださいね。

1万人を虜にする魅惑のトーク術



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク