読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「人目を引く」と「愛される」は、同じではないから、目立とうとする必要などない

こんにちは。上村です。


あなたは学生時代に、「変わった教師」に出会ったことはありませんか?


今、学生さんなら、まさにそんな先生が、学校にいるかもしれませんね。



僕が中学生の頃、こんな数学教師がいました。


「今日は小テストをする」

と問題用紙を配る。


見るとなぜか、「漢字のテスト」です。


(なぜ、数学の授業で、漢字テスト・・・?)

と生徒はみんなあ然。


つまり、この先生にとっては、それが「ギャグ」なのです。


「数学の授業で、漢字のテストをしたらウケるだろう」

という。


何人かの生徒は面白がっていましたが、大多数の生徒は、顔で笑って、心で泣いていました。(笑)



僕は、これ以外にも、「変わった教師」に出会いましたよ。


高校時代の先生ですが、
テスト答案を、「成績順に返す」のです。


高得点の生徒から、順番に返却する。


個人情報保護法に反する行為です。(笑)


しかも、それだけではありません。


平均点以下の答案は、空中に投げるのです。


僕はその教科が苦手だったので、
いつも答案を投げられていました。


そのうち取りに行くのもイヤになりましたね。


この先生も、本人は冗談のつもりでやっていたのでしょう。


教育的見地からではなく、ギャグのつもりなわけ。


教育的見地にしても、もっとマシな方法を考えた方がいい。



もちろん、投げられる側にとってみたら、笑っている場合ではありません。


要するにこの教師の勘違いは、「何か突飛なことをしたらウケるだろう」という考えにあったわけです。


「いや、答案を投げることによって、生徒が真剣に勉強するようになる」

などと言うかもしれませんが、普通に考えてそんなおかしなことはないでしょう。


恐怖心からの行動は長続きせず、本心からの行動が長続きするのですから。



その先生は、突飛な行為で、生徒の注目を浴びようとしたのでしょう。


こういうのは、一番人間関係に失敗します。


生徒ですから、大多数は文句は言わないでしょうが、だからといって、その行為が認められたわけでもないのです。


普通に考えればわかることですね。


そんな人が教員をしているのは驚きですが、ここで書きたいのは教育問題ではありません。


この行動こそ、「反面教師」です。


つまり、いくら突飛なことをしても、それで愛されることはないということです。


注目は浴びるかもしれませんが、それだけのことです。


道で裸になっている人がいたら、誰でも注目します。


親近感からの注目ではなく、「好奇の目」です。


それと似たようなものではないでしょうか。


この先生が精神的に落ち着いて、おおらかだったら、もっと生徒から好かれたはずです。


姑息なことをするから、かえって信頼されなくなるのです。


焦らないで、素直に接していれば、普通に好意を持ってくれる人はいるのですから。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
個性とは、自然ににじみ出てくるものです。

突飛なこととは、関係がありません。

もっと「落ち着いて」人と接することです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



あなたが、落ち込んだり、思い通りにならないことを嘆いているなら、今が「チャンス」です。

僕のプレミアムメールマガジンは、あなたの隠された力を引き出します。



プレミアムメールマガジン(継続購読、バックナンバー購入も可能です)

第1回 無料メルマガでは書けなかった「ある話」

第2回 あなたの持つ「素晴らしい資質」を、このメルマガで証明します

第3回 あなたに恋愛や人間関係がうまくいく「別の視力」をお渡しします




メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク