読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

風邪から「愛を発見した」話

こんにちは。上村です。


僕には、こんな思い出があります。


昔の話です。


ある日、職場で仕事をしていると、どうも「体調がおかしい」感じがしました。


妙にしんどい。ちょっと頭痛もします。


(風邪かもしれない・・・)


次の日は、日曜日ですが、僕は出勤日になっています。

大事をとって、早退させてもらうことにしました。


ところが、自宅に戻っても、一向に良くなりません。

ますます状態が悪くなっていきました。


(マズイなあ、明日出勤できるかな?)

と不安に。


明日の出勤者は、僕一人なのです。


つまり、僕がいなければ、業務自体が止まってしまう。

いわば職場の命運?を、僕が握っているという。(笑)


いや、笑い事ではありません。

明日は、何が何でも出勤せねばなりません。


でもこの調子では、無理っぽい。


そこで考えました。

(同僚の誰かに、代理で出勤してもらうか?)


しかし、休日出勤をお願いするのは、何となく気が引けます。


誰に頼むべきか? 上司に相談すべきでしょう。

と、あれこれ考えていたら・・・


何となく体調が元に戻ってきた感じがしました。


さっき飲んだ風邪薬が効いてきたのか。
このまま順調に回復すれば、明日は大丈夫かもしれない。


そこで、代理を探すのをやめて、布団にもぐりこんだのです。


さて、翌日の朝です。


昨日のことがウソのように、体調がスッキリ・・・

とはなりませんでした。


むしろ、昨日より、悪化した気がする。
インフルエンザかもしれません。


体力を過信し過ぎました。


「後悔先に立たず」で、今さら誰かに出勤を頼むわけにもいきません。(当日の朝ですし)


電話をかける気力すらない状態。


ひたすら布団の中で、(どうしよう)と困り果てていました。


すると・・・。


何という幸運でしょうか。


同僚の一人から、突然電話がかかってきたのです。


「昨日、体調が悪そうだったけど、大丈夫か?」

と気遣ってくれました。


「代わりに出勤しようか」

とも言ってくれたのです。


何ていい人でしょう。
助かりました。


風邪を引いたのは不運ですが、不幸中の幸いです。


同僚には心から感謝し、代理の出勤をお願いしました。


ちなみにそれ以降も、どんどん風邪が悪くなり、それから3日間ほど、床に伏せていたのです。


仕事どころの話ではありませんでした。


それにしても、よく同僚が電話をかけてきてくれたものです。


こういうのを、「幸運」というのでしょう。


日常では、大きな幸運もあれば小さな幸運もありますね。


「幸運」というのは、自分の身に起こっています。


過去を振り返ってみれば、多くの「幸運」があったはず。


ところが、細かい幸運ほど、忘れやすいものです。


むしろ、覚えているのは、上司に怒られたとか、そんなこと。

学校だったら、先生にこっぴどく叱られたこととか。


いずれにしても、当然ですが、ネガティブことだけではなく、ポジティブなこともたくさんあるのです。


どちらに目を向けるか、判断するのは自分自身です。


ネガティブな面だけを見ていると、どんどん態度も行動も、後ろ向きになっていきます。


ますます「後ろ向きな状況」にはまり込んでいきます。


例えば、失恋をして、いつまでもそれを苦にしている人がいます。


もちろん気持ちはわかるのです。


でも、過去の痛手を気にするより、「未来の希望」に目を向けた方がいいに決まっています。


その方が、幸運に恵まれていくでしょう。


深刻な雰囲気、恐怖心、心配事、暗い気持ち、不信は、どんどん自分から、幸福や幸運を奪っていきます。


逆に、楽観的な気持ち、前向きな気持ち、明るい気持ち、確信は、自分に幸福と幸運を与えてくれるのです。


確かに、失恋はネガティブなことですが、そこから学べることはたくさんあります。


まず、心の痛みに敏感になれるでしょう。


「同じような気持ち」を抱えている人の辛さも、きっとわかるはずです。


失恋だけではなく、あらゆる喪失は、「得ることへの感謝」をもたらしてくれます。


結局それは、自分の考え方次第で、未来のプラスにしていくことができるのです。


誰かを恨めしく思う時間があったら、誰かに感謝した方が、そこから生まれるものがたくさんあります。


よく、「あの人は運がいい」と言いますね。


しかしそれは、運がいいとか悪いとか、そういうことでとらえてはいけない。


一見運の悪いことも、未来の「運のいいこと」につながっているかもしれないのです。


そう考えれば、いろいろなことから、幸運を発見していくことができます。


先ほどの僕も、風邪を引いたのは良くないことですが、その結果、「感謝できること」に出会ったのです。


きっと今度は、自分が同じようなことして、誰かに感謝される時がくるでしょう。


幸福に目がいく人は、あらゆるところに幸福を見つけることができます。


それが発芽して、「より幸福なこと」がどんどん起こってくるでしょう。


よく考えてみると、今まで何だかんだあっても、ちゃんと人生を過ごしてきているのです。


それがまさに、「最大の幸福」に違いありません。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
一見運の悪いことも、未来の「運のいいこと」につながっている場合があります。

あらゆるところに、幸福があります。

それに目を向ければ、きっと「幸福を呼び込む体質」になっていくでしょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

     1.追いかけるのをやめる
     2.「途方もない愛される力」を実践する

今すぐ、「真理」を知ってください。



メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク