読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

心の強い人になる方法


こんにちは。上村です。



ある時僕は、昼食のために外出しました。



ちょうど混んでいる時間帯。



入った店も、やはり混んでいました。



注文してから待つこと、30分。



依然として、料理が運ばれてこないのです。


店員さんはてんてこ舞い。



お客さんが多くて、手が回らないのでしょう。



仕方のないことです。


僕はジッと待っていました。


すると、厨房の奥から何やら「怒鳴り声」がしたのです。



「早く料理を持っていけ」

「手いっぱいなんです」


みたいな。



「料理を作っている人」と「料理を運ぶ人」が、怒鳴り合っていたのです。


お互い忙しくて、イライラしていたのでしょう。


僕の席は、厨房が覗ける位置。


中を見てみました。


すると、料理人と店員が、いさかいの真っ最中。


「テキパキやらんか」

「これ以上無理です」


みたいな口論が続いていたのです。



それを見ながら、僕は「ヘンな気持ち」になりました。


言い争いより、まず料理を運ぶことです。



料理を作る人も、口より手を動かすべき。


言い争いで、ますます遅くなっているのです。


まさに矛盾です。


「ケンカしているヒマがあったら、料理を早く持ってきて」と、不快になるお客さんもいるでしょう。


でも、僕なら、「ケンカををやめて仲良くしようよ」と思います。



なぜなら、店員さん同士がケンカして、お客さんまで嫌な雰囲気になったら、その空間は殺伐とします。



ただでさえみんなお腹を空かしていますしね。(笑)



ケンカするのは、心の強さではなく、心の弱さです。



協調を作り出すことこそが、心の強さなのです。


恋愛や人間関係には、「心の強さ」がどうしても必要。



これは大げさな意味ではありません。



「心の強さ」とは、「心の余裕」なのです。



感情的にならず、理性的になることです。



何か言いたいことがあるなら、後で落ち着いてから言えばいいのですね。



その方が適切なことが言えます。



日常では、いろいろな面で「余裕」が大切になります。



余裕が協調を作り出すのです。



これは一方的に我慢するという意味ではありません。



むしろ、「一段上の高い精神状態」になることなのです。



言うべきことが言えるのも、協調があるからです。



ここでの協調とは、我慢して仲良くするとか、そんな消極的な意味ではありません。



むしろ自分から、真の協調を作り出していく、積極的精神なのです。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

心の強い人は余裕があり、真の協調を作り出すことができます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク