読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

愛されないと思っている人は、愛されないのではなく、自分の理想が高すぎるだけという話


こんにちは。上村です。


あなたは、こんなご経験はないでしょうか?


人に話しかけようとします。

ところが、相手を見ると、何となく忙しそう。


(話しかけてイヤな顔されたら困るし)

と躊躇します。


すると、横から、別の人がスッと入ってきて、
その相手と難なく会話してしまった


みたいなこと。


まあ、そんなことはありますね。

別にたいしたことではありません。


ところが、こんなささいなことも、落ち込み材料にする人がいます。


「やっぱり自分は、人間関係が苦手だ」

みたいな。


もちろんそれは、考えすぎなのです。



例えば、恋愛でもありますね。


好きな異性に話しかけたい。


(話しかけてそっけなくされたらイヤだな)と考えているうちに、
別の人が、その異性に話しかけた。


自分がモタモタしていたことを情けなく思います。


しかしです。


こんなことで落ち込んだり、
残念に思ったりする必要は全くありません。


別に、会話しなければ損だということではありません。


無理にたくさん会話しても、仲良くなったというわけでもないのです。


仲良くなるからそれなりに話もできるのであって、
形ばかりにこだわっても意味がないのです。


むしろ、自分が相手に話しかけられなかったのは、
忙しそうにしている相手の気持ちを考えたからかもしれない。


相手の気持ちを考慮するのは、もちろんいいことです。


「人に愛されないんだよな」と思っている人は、
愛されないのではなく、自分の理想が高すぎる場合があります。



愛されないのではなく、愛されるべき人間でないと、
自分で勝手に思っているだけだったりします。



そういった、間違った考え方から脱すれば、きっと状況も変わっていくに違いありません。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あなたは、「愛されない人」ではありません。

愛されないと、「自分で思っているだけ」なのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


何をしても愛されないと悩んでいるなら、解決方法があります。

それは、「プレミアムメールマガジン」に書いていることを実行することです。

たった一回でもこれを読めば、あなたの日常が大きく変わっていくでしょう。






メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク