読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「いっしょにいて楽しい人」になる方法


こんにちは。上村です。



あなたは、「宴会で、みんな笑っているのは、なぜか?」わかるでしょうか?



それは、「宴会だから」ですね。



笑う雰囲気だからです。


宴会で、号泣している人はあまりいない。



無理に酒を飲まされて、泣いている人はいるかもしれませんが。(僕の若い頃です・・・笑)


でも、それは個人的な問題であって、全体としては「おもしろい雰囲気」なのでしょう。


つまり、「おもしろい話」をしようと思ったら、そういう環境の中で、話すのが最も成功するのです。



例えば、「お笑い番組」もそうですね。


お笑い番組がなぜおもしろいかといえば、芸人氏がおもしろいことをしているからというのもあるでしょうが、それだけではありません。


「自分自身が笑いたいから」という面もあります。


恋人とケンカした後、いくらお笑い番組を見ても、そんなに楽しくないですね。


気分転換にすら、ならないかもしれない。


でも「笑う気マンマン」だったらどうでしょうか?



ちょっとしたことでもおかしいでしょう。



「夫婦ゲンカ」を例にとって考えてみましょう。


ケンカしている最中は、ジョークを言う状況ではないですね。


それは当然です。



しかし日が経って、ほとぼりが冷めてきたとしましょう。



だんだん雰囲気も変わってきます。


夫婦仲も改善されて、多少のジョークは通じるようになるかもしれない。



職場でもそうです。


仕事でミスして、上司に注意されます。


その時に、「まあ、許しなさいよ」などと冗談ぽく言ったら、ますます相手はカンカンになる。



でもしばらくして居酒屋で、「あの時怒られて、僕の小さな胸は張り裂けそうでした」と言ったら、それなりにウケるかもしれない。



この場合は、怒られている人が、筋骨隆々であることが条件です。(笑)


そういう雰囲気で言ったら、相手も笑ってくれるでしょう。



好きな異性と初めてデートしたとしましょう。


「相手を退屈にさせてはいけない」と思って、会った瞬間から機関銃のようにしゃべり続ける人がいます。


でも、無理をしなくていいのです。


次第に打ち解けていくことで、だんだん楽しい話ができるようになってきます。



おいしい食事をしながら、「しかめっ面」はできないものです。


だから心配はいらないのです。


心がけることはただ一つ。



「楽しい雰囲気の時に楽しい話をする」


それがより「いっそう楽しい雰囲気」を作りだします。



その結果、あなたは、相手にとって「いっしょにいて楽しい人」になるわけです。



肩肘を張らず、うまく雰囲気に溶け込んでいくことが大切なのですね。



そうすれば、自分で雰囲気を作っていくこともできるし、その雰囲気が、自分自身にもまた影響与えます。



好循環になっていくのです。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━

雰囲気に溶け込むこと。


それが会話の極意です。

━━━━━━━━━━━



『自伝の愛され術』とは・・・


僕が、自分の人生を振り返って書いた「自伝」を読んでください。


そこに「愛される方法のすべて」が詰まっています。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク