読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

たどたどしい会話を、楽しむ気持ちになれば、「たどたどしくなくなる」という話

こんにちは。上村です。


以前、テレビで、こんな言葉を聞きました。


「最近は、企業のモメンタムがついてきましたね」


(モメンタムって、何だろう?)

と思いました。


言葉の意味が、よくわからなかったのです。


「経済にモメンタムをつけなければならない」

みたいな。


(だから、モメンタムって何なんだ)

とまたまた思った。


メンソレータムの新製品だろうか。(ジョークを言いたい年頃です)


そこで調べてみました。


「モメンタム」とは、「勢い」という意味らしい。


「経済にモメンタムをつけなければならない」とは、
「経済に勢いをつけなければならない」という意味になります。


(「勢い」は「勢い」でいいのではないだろうか)

と僕は思ったのですが、あなたはどうお感じになりますか?


ひょっとすると、経済用語なのかもしれませんね。(よく知りません)


横文字を使えば、「高度なことかもしれない」という錯覚があるから不思議。


その時言っていたのは、
「経済を伸ばさないといけない」という、いたって普通のことです。


しかし「モメンタム」と一言入れることで、インテリジェンスなイメージに。


でも、そんなことに幻惑されてはいけない。(笑)


それは単にイメージなだけで、中身とは何の関係もありません。



例えば、会社名で、「上村商事」というのがあるとしましょう。


でも、「上村商事」より、
「UMS」した方が、グローバルな感じになります。


「UMS」つまり、’「う」え「む」ら「し」ょうじ’ですね。


しかしながら、「UMS」では、いったい何の会社なのか、サッパリわかりません。

ヘタしたら、UMA(未確認生物)と間違えてしまう。(笑)


オシャレっぽくはなりますが、加減が大事です。

横文字ばかり使っていたら、
「欧米か!」と言われますからね。(いつの時代のギャグか忘れましたが)


それはともかく、これは会話にも言えることなのですよ。


シャレた言葉を多用しても、本当の意味で気の利いた言葉ということではないですね。


よく、「会話が苦手で、人と接するのが怖い」という人がいます。

沈黙に耐えられないとか。


でも、これは勘違いをしていると、僕は思います。


口八丁と、会話上手は、何の関係もありません。
口数と、会話上手も、何の関係もありません。


真のコミュニケーションとは、表現ではなく、気持ちです。


「根性論」みたいなことを言っているのではありません。
「心の素直な表現」こそが、大切ということです。


発音ではなく、心。


心の乗った言葉は、どんな言葉でも、きっといい言葉です。


たどたどしくても、沈黙があっても、何も心配はいりません。


恐怖心や心配は、自分の思い込みで勝手に作り出していることが多いのです。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
たどたどしくても、沈黙があっても、何も心配はいりません。

恐怖心や心配は、自分の思い込みで勝手に作り出していることが多いのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


「恋愛や人間関係でいつも苦しんでいる方」
「胸が張り裂けそうな愛の悩みを感じている方」


今すぐ、このプレミアムメールマガジンを読んでください。

「究極の解決方法」です。

「すさまじく重要なこと」を書いています。




あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

     1.追いかけるのをやめる
     2.「途方もない愛される力」を実践する

今すぐ、「真理」を知ってください。






メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク