読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

ありのまま会話術


こんにちは。上村です。



こんな話を聞いたことがあります。



ある人が、「外国人」としゃべっていました。


その外人さんの出身地は、寒くて有名なところ。


ところが、その外人は「厚着」をしていたのです。


冬の時期だったので、重ね着をしているのは普通。


でも、彼は、疑問に思ったらしい。


「寒い国からやってきたのに、どうしてそんなに厚着をしているのか?」


と。


寒さには慣れているはずです。


「これくらいの寒さなら、平気だろう」

と思ったのですね。



しかしながら、これは偏見。(笑)



寒い国に住んでいるからといって、寒さに強いとは限らない。


逆も言えますね。


「暑い国」出身者が、暑さに強いとは限らないのです。




同じようなことは、僕にも経験があります。


僕はかつて、こんなことを言われたことがあります。


僕は関西人。


会話の相手は、「関西人=話にオチがある」という固定観念があったらしい。


僕が他愛のない話をしていると、

「で、オチは?」と聞いてきた。


「オチは?」と言われても、僕は落語家ではありません。


関西人が、みんな明石家さんまのような人間だと思ったら、大きな間違いです。(笑)



当然ですが、無口な人もいるし、真面目な会話しかできない人もいる。


「関西人は、3分に1回、会話にギャグを入れるんだろ?」

と聞かれました。


いくら何でも、そんな吉本新喜劇みたいなことはないし、

そんな人がいたら、むしろ友達になりたくない。(笑)


まあ、これも一種の偏見ですね。


偏見というのは、「偏った見方」のことです。


「女性は、こうされたら喜ぶ」


「男性は、こうしたらイチコロ」



これも偏見です。


実際は、人それぞれなのです。


「あいつは筋肉ムキムキだから、体が強い」


というのも偏見。


「筋肉マンで虚弱な人」だって、絶対いるはずです。(笑)


もちろん人間なら、誰しも多少の「偏見の目」はあるもの。


「偏見を持たないようにしよう」と言われても難しいかもしれない。



問題は、


「どうして人間は偏見を持つのか?」


ですね。



その理由が大切なのです。


これを考えると、おもしろいことがわかりますよ。




僕が思うに、人間が偏見を持つ理由は、ただ一つ。


それは、「安心感を持ちたいから」です。



誰でも、知らない相手には、警戒するものですね。



娘が、「お父さん、私結婚する」と、得体の知れない男性を連れてきたら、


親のショックは計り知れない。(笑)


さっきの外国人も同じですね。


「どこの国の人か」を知るだけで、安心感があります。


その人が、想像通り寒さに強かったら、もっと安心します。(笑)



年はいくつ?

家族構成は?

出身県は?

恋人はいるの?

趣味は?

出身学校は?

普段何をしているの?



など、できるだけ知りたい。



そして知った後は、自分との共通点を見つけて、安心するのです。


もちろんそれは偏見かもしれません。


「そうか、兄弟が多いから、社交的なんだな」


と思っても、実際はハニカミ屋かもしれない。


しかし、ある程度の偏見を持たなければ、相手に親しみを感じることができないのです。


ただ、「偏見からの愛情」というのは、底が知れていますね。


偏見が打破されたら、残るは失望。(笑)


それより、「ありのままの相手」を見ることが大切です。



恋愛や人間関係がうまくいかないと嘆いている人がいますが、


その人は、偏見で相手を見ている場合があるのです。


「ありのままの相手」を意識すれば、きっとうまくいくはず。


相手の「影」と仲良くしようと思っても、それは無理。


好きな相手の写真を撮って、それを抱きしめているようなものですからね。(笑)


それは影ですから、実際のその人とは違うのです。


こういうのを、


「ありのまま関係術」


と命名しましょう。


いろんな思いを捨て去って素朴に付き合えばいいわけです。


すると、「ありのままの相手」が見えてきます。


そういう付き合いをしたら、自然に会話もしっくりいきますよ。


「ありのまま会話術」ですね。(笑)



最初は「偏見」であってもいいのですが、


だんだんそれをなくしていって、素朴に相手を見るべき。



そうすれば自然に仲良くなりますよ。



そんな最高の会話術は、ここで学んでくださいね。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━

願望で、相手を作り上げてはいけない。


ありのままの相手と付き合う。


それが成功の秘訣です。

━━━━━━━━━━━━━━━━


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク