読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

相手が勝手に好きになってくれる会話術


こんにちは。上村です。



前回は、


「カキフライ的雰囲気を見につけよう」というお話をしました。(笑)



つまり、


「能ある鷹は爪を隠す」


ということですね。



でももっと言えば、別に隠す必要はないのですよ。


普通にしていればいいのですね。


能力をひけらかす必要はないし、隠す必要もない。



貝は、普段は閉じていますが、ダシに入れて沸騰させれば、開きます。


いずれにしても、貝自体に責任はない。


外部的要因が、勝手にその人の貝を開かせるのです。


本当の「自己表現」とは、そういうものですね。




例えば、会話で、


「オレがオレが」と言いまくるのは、本当の自己ピーアルではありません。


相手にうっとうしがられるだけ。


そうではなく、


相手の出方に沿って、自然に自分を表現していく。


これが本当の「自己表現」です。


そういう人は愛されるし、慕われもします。


それを勘違いして、


「自分を表現しなければ親しくなれない」と思うと、逆に相手から遠ざけられてしまう。


「口説き術」や「説得術」みたいなのがありますが、そのほとんどは方向性を間違えていますね。


「口説こう、口説こう」としても、口説けない。


「説得しよう、説得しよう」としても、説得できないのです。



自分の力を自然に発揮することによって、それは初めて可能になるのです。


会話術の本質もそこにあります。



「内なる自然を発揮しよう」


ということですね。




例えば、「告白」を例に考えてみましょう。



「相手を感動させよう」


と思ったらアウト。(笑)



とても感動させる言葉は吐けないですね。



それより、思っていることを素直に言えばいいのです。



これが「内なる自然」。



言葉と心が一体となった時、初めて「最高のトーク術」が発揮できるのですよ。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━

言葉と心を一体化させよう。


相手が勝手に好きになってくれるでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク