読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

大切なのは、「名前ではなく愛情」という話

こんにちは。上村です。


「名前を売る」という表現があります。


例えば、芸能人は、人気商売なので、「自分の名前を認知してもらおう」と懸命になります。


もちろん、芸能人だけの話ではありません。


会社だってそうでしょう。


自社製品を知ってもらうため、広告宣伝をする。


CMを流したり、チラシを配ったり、ネット上で宣伝したり、そういうことをします。


商売だけではありません。


個人的な恋愛や人間関係にも、そういうことがあるかもしれない。


好きな異性に対しては、何とか「自分の存在を知ってもらいたい」と思います。


「自分はここにいる」と存在感を示したい。


そんな心理が働くでしょう。


でも、そうやって自分をアピールしようとすればするほど、「ウラハラ」になることがあります。


相手に対して、しつこくなってしまう。


かえって避けられてしまうこともあるでしょう。


芸能人では、「ウザイキャラ」で売っている人もいますが、それは、あくまで「芸」です。


実生活でそんなことだったら、本当に「ウザイ人」と思われてしまいます。


しかし、だからといって、遠慮ばかりしていてもいけません。


相手にはわかってもらうために、自分のことをしっかり言わなければいけない時もあります。


そのバランスが大切です。


「自己開示」と言われますね。


自分を知ってもらう。


それは必要なことです。


しかし、この「自己開示の意味」を誤解している人も多いのです。


自己アピールばかりに躍起になっている人がいます。


それではうまくいきません。


なぜなら、不自然だからです。


わざとらしいのです。


なぜわざとらしくなるかと言えば、自分の存在を過度にアピールしようとするからです。


そんな肩肘を張らなくていいので、もっと普通にするべきです。


「こうしなければならない」と思い込むから、不自然になってしまうのです。


自分の存在を意識させたからといって、それで愛情を得るわけでもないのです。


愛情とは、「自然に伝わっていくもの」です。


存在感を見せつける必要もなければ、こうしなければいけないということもありません。


自分は、アピールするために存在しているのではありません。


自分自身の人生を、しっかり歩むためにいるのです。


アピールではなく、「愛(思いやり)や調和や長所」を発揮するためにいるのです。


「本当に大切なことは何か」を、常に考えていくことです。


細部にこだわって、根本を忘れないことです。


大切なのは、根本であり、根幹であり、本質です。


本質を大切にすれば、もっと自分も楽になるし、伝わる相手に自然に伝わっていくものです。


それが、「本当の意味の自己開示」です。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「本当の自己開示」とは、自分をアピールすることではありません。

自分の本質(愛や調和や長所)を発揮していくことで、自然に伝わっていくものです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



僕が書いた、「真理的会話術」のE-Bookです。

あなたが会話で圧倒的な成果を出し、「恋愛や人間関係そして人生まで変えてしまう」魔法。

あなたの一生の「バイブル」にしてください。





メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク